1. 持病・病気でも入れる保険トップ
  2. からだ(身体)の病気
  3. 喘息(気管支ぜんそく)でも入れる・加入できる保険
  4. 喘息(気管支ぜんそく)の症状・初期症状・原因

喘息(気管支ぜんそく)の症状・初期症状・原因について

喘息(気管支ぜんそく)の原因と症状

喘鳴を繰り返す激しい咳発作も

喘息(気管支ぜんそく)は、気管支など空気の通り道(気道)が慢性的な炎症を起こし、さまざまな刺激によって過敏に反応することによって発症します。ゼイゼイ・ヒューヒューなど喘息特有の喘鳴(ぜんめい)を繰り返したり、激しい咳の発作を起こしたりする症状が出ます。症状が悪化すると呼吸困難に陥ることもあります。

喘息(気管支ぜんそく) イメージ

発作は深夜から明け方に起こることが多いですが、通常、喘息の症状は発作時に見られ、非発作時にはほとんど見られません。ただし、発作は安静時にも生じることがあるため注意が必要です。発作の原因としては、冷たい空気やハウスダスト、タバコの煙、ペット、疲労やストレス、夜間や明け方の時間帯など複数あります。

喘息には発生原因によって2つのタイプに分けられます。一つはⅠ型アレルギーが関与する「アトピー型」で、もう一つはI型アレルギーが関与しない「非アトピー型」です。両方とも発生原因は異なりますが、慢性的な気道の炎症を起こして症状が出ていることには変わりはありません。そのため、喘息特有の症状や治療法にほとんど差はありません。

喘息でも入れる可能性ある保険
4商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる医療保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。死亡保険やがん保険など医療保険以外をご希望の方は0120-880-081まで、お問合せください。

小児喘息患者の90%以上を占めるアトピー型

アトピー型は小児喘息患者の90%以上を占めるとされ、5歳未満の幼児期に多く発症します。このタイプの喘息はハウスダストやダニ、花粉などアレルゲンに対する過剰な反応により発症します。一方、非アトピー型喘息の多くは40歳以上の成人に発症します。原因は喫煙や風邪などのウイルスなどで、成人喘息に多いタイプです。

喘息かどうか診断するには、まずこのような喘息特有の症状があるかどうかをチェックしたうえで、胸部レントゲンや呼吸機能の検査、血液・痰の検査、アレルギー検査などを行って確定診断します。

呼吸機能の検査は「ピークフローメータ」(最大呼気流量計)を用いる方法があります。この検査では、最大呼気流量(PEF)を測定することで、気管支が狭くなってないかどうかなど、喘息の重症度を判定できます。また、このほか、肺に出入りする空気の量を測定する「スパイメトリー」や気道の過敏性の評価を行う「気道過敏性検査」なども呼吸機能の検査として実施されます。

一方、アレルギー検査は、特定の環境アレルゲンに対する特異的なIgE抗体の有無を調べる検査です。血液検査や皮膚反応テストなどで行われます。こうした検査を経て、アトピー型か非アトピー型かを判定し、診断後の治療につなげていきます。

喘息でも入れる可能性ある保険
4商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

病気があっても大丈夫!年齢や治療状況から、ぴったりの保険を探せる「持病があっても安心ナビ」今すぐ検索
免責・禁止事項
  • 医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページの先頭に戻る

喘息でも入れる保険・喘息でも入れる可能性のある保険を資料請求する

お電話で保険のご相談はこちら 0120-880-081 受付番号:3830

メールで保険相談

持病がある方の保険<引受基準緩和型商品から探す>