1. 持病・病気でも入れる保険トップ
  2. からだ(身体)の病気
  3. 喘息(気管支ぜんそく)でも入れる・加入できる保険
  4. 喘息(気管支ぜんそく)の入院・医療・治療費用

喘息(気管支ぜんそく)の入院・医療・治療費用について

喘息(気管支ぜんそく)の費用・お金

自治体が喘息治療の助成金制度を導入

喘息(気管支ぜんそく)の治療は、発作が起きたときはもちろん、発作などが起きていない平常時から継続して行うことが大切です。非発作時の治療としては、長期管理薬(コントローラー)として吸入ステロイドを用いたり、服薬したりします。一方、発作時には短時間作用性β2刺激薬などで症状を緩和します。

喘息(気管支ぜんそく) イメージ

こうした喘息の治療の費用に関しては、その多くは公的医療保険の対象となります。万が一、喘息の症状が悪化して入院することになっても、差額ベッド代や食事代など自己負担分を除けば、ぜんそくの治療にかかわる費用は原則3割負担で済みます。入院期間が長引き、自己負担額が増えても、高額療養費制度の適用を受ければ、原則的に1ヶ月の医療費は約8 万円以下で収まります。(一般的な所得の場合)。

こうした喘息の治療の費用に関しては、その多くは公的医療保険の対象となります。万が一、喘息の症状が悪化して入院することになっても、差額ベッド代や食事代など自己負担分を除けば、ぜんそくの治療にかかわる費用は原則3割負担で済みます。入院期間が長引き、自己負担額が増えても、高額療養費制度の適用を受ければ、原則的に1ヶ月の医療費は約8万円以下で収まります。(一般的な所得の場合)。

あくまで参考値ですが、吸入ステロイドや抗アレルギー薬などの費用負担を含めて、1 ヶ月の喘息治療にかかる医療費は4000~8000円程度の人が多いようです。ただ治療は継続しなくてはいけませんので、この費用が毎月かかるとなると、負担は決して小さくありません。

実はあまり知られていませんが、喘息の治療については、全国の各自治体によって医療費の助成制度を設けているところもあります。たとえば東京都では、都独自の制度として、気管支ぜんそくなどにかかった人に対して、一定の要件を満たす場合に、医療費の助成をしています。「大気汚染医療費助成制度」と呼ばれるものですが、その認定要件は①東京都内に1年以上在住していること、②健康保険に加入していること、③喫煙していないこと、などです。この制度の適用になった人は、喘息治療にかかった医療費のうち、保険適用後の自己負担分が助成されます。

ほかの自治体でも助成制度を設けているところはありますが、助成の内容や認定要件は各自治体によっても異なります。対象年齢を「18歳未満の児童」とするなど、大人に対しては助成がない自治体が多いようです。

喘息でも入れる可能性ある保険
4商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる医療保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。死亡保険やがん保険など医療保険以外をご希望の方は0120-880-081まで、お問合せください。

小児喘息など子どもの医療費は自治体の助成制度の確認を

ダニやハウスダストなどアレルゲンを原因とする小児喘息の治療に関しては、全国の自治体の「子どもの医療費助成」が役に立ちます。小児喘息に限らず、子どもの通院費や入院費などの医療費を自治体が負担する制度です。

各自治体によって、助成の対象年齢や対象範囲は異なります。通院に関しては、「小学校就学前まで」を対象としている自治体が多いですが、東京23区のように、通院費・入院費ともに中学卒業までは自己負担分を「無料」としている自治体もあります。

自己負担分も通院・入院ともに無料としているところがある一方で、通院1回につき200~500円の自己負担が必要な自治体もあります。通院・入院の助成対象年齢や入院時の食事助成の有無、所得制限なども自治体によってきめ細かく決められているので、詳細は各自治体のウェブサイトなどで確認することをお勧めします。

喘息でも入れる可能性ある保険
4商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる医療保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。死亡保険やがん保険など医療保険以外をご希望の方は0120-880-081まで、お問合せください。

病気があっても大丈夫!年齢や治療状況から、ぴったりの保険を探せる「持病があっても安心ナビ」今すぐ検索
免責・禁止事項
  • 医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページの先頭に戻る

喘息でも入れる保険・喘息でも入れる可能性のある保険を資料請求する

お電話で保険のご相談はこちら 0120-880-081 受付番号:3830

メールで保険相談

持病がある方の保険<引受基準緩和型商品から探す>