1. 持病・病気でも入れる保険トップ
  2. からだ(身体)の病気
  3. バセドウ病でも入れる・加入できる保険
  4. バセドウ病の最新の治療方法・放射線治療

バセドウ病の最新の治療方法・放射線治療・抗がん剤治療について

バセドウ病の予防・治療

多くの患者に薬物治療が有効

甲状腺ホルモンが過剰に分泌することで発症する甲状腺機能亢進症の中で、もっとも発症頻度が高いのがバセドウ病です。バセドウ病の治療は、甲状腺ホルモンの分泌を抑える薬物療法と放射線ヨード内用療法(アイソトープ治療)、手術療法の3つがあり、多くの患者には薬物療法が行われています。

治療中のイラスト

薬物療法では、甲状腺ホルモンがつくられるときの酵素の働きを抑制することで、甲状腺ホルモンの合成を抑える働きがある「抗甲状腺薬」が投与されます。具体的にはチアマゾール(商品名:メルカゾール)とプロピルチオウラシル(商品名:チウラジール)の2種類があります。

この薬剤の服薬によって1〜3カ月ぐらいで治療効果が出ることも多いですが、基本的には、数年間にわたって飲み続ける薬であり、効果のあらわれ方や飲む期間には個人差があり、医師とよく相談をして服薬治療をする必要があります。

抗甲状腺薬では飲み始めてから副作用が出る場合があるため、慎重な服薬が求められます。たとえば、かゆみや発疹など皮膚症状、発熱やのどの痛みが出る場合があります。副作用の中でも血液中の白血球数と顆粒球数が減少する「無顆粒球症」はまれに起こり、突然の高熱やのどの痛みなどの症状があらわれます。こうした症状が出た服薬を中止して医師に相談しなくてはいけません。

バセドウ病でも入れる可能性ある医療保険
4商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる医療保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。死亡保険やがん保険など医療保険以外をご希望の方は0120-880-081まで、お問合せください。

放射線ヨードを体内に取り込む治療法も

バセドウ病の治療では、放射性ヨードが甲状腺に集まりやすい性質を利用した「アイソトープ治療」もあります。この治療法は、抗甲状腺薬で十分な効果が得られないときや抗甲状腺薬の副作用がある場合などに行われる場合があります。

この治療法では、放射線ヨードを含んだカプセルを服用します。甲状腺に取り込まれた放射線ヨードが、徐々に甲状腺の細胞を破壊していくことで、ホルモンの合成を抑制していくのです。副作用は小さいとされていますが、甲状腺が破壊され過ぎて、今度は逆に、数カ月後から数年後に甲状腺機能低下症になることもあります。

また、抗甲状腺薬やアイソトープ治療に加えて、手術で甲状腺を切り取る治療法もあります。手術には甲状腺をすべて摘出する「全摘術」と、甲状腺の一部を残す「亜全摘術」の方法があり、症状や患者の状態、合併症の有無、治療による効果などを勘案したうえで、最適な術式が選択されます。

  • (参考)
  • 「病気が見えるvol.3 糖尿病・代謝・内分泌」(メディックメディア)
  • 「患者のための最新医学 バセドウ病・橋本病 その他の甲状腺の病気」(高橋書店)

バセドウ病でも入れる可能性ある医療保険
4商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

病気があっても大丈夫!年齢や治療状況から、ぴったりの保険を探せる「持病があっても安心ナビ」今すぐ検索
免責・禁止事項
  • 医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページの先頭に戻る

バセドウ病でも入れる保険・バセドウ病でも入れる可能性のある保険を資料請求する

お電話で保険のご相談はこちら 0120-880-081 受付番号:3830

メールで保険相談

持病がある方の保険<引受基準緩和型商品から探す>