1. 持病・病気でも入れる保険トップ
  2. からだ(身体)の病気
  3. 白内障でも入れる・加入できる保険
  4. 白内障の症状・初期症状・原因

白内障の症状・初期症状・原因について

白内障の原因と症状

発症原因は水晶体のにごり

白内障は、人間の眼の中でカメラのレンズに当たる「水晶体」と呼ばれる部分が、にごってくる病気です。最も多いのは加齢白内障と言われる種類で、特別な原因がなくても老化現象の一つとして、年をとれば誰でも発症します。早い人は40歳代から症状が現れ、80歳代ではほとんどの人が白内障になっていると言われています。このほか白内障には、先天性のものや眼にケガをしたあとや糖尿病の合併症として発症するタイプなどがあります。

白内障 イメージ

白内障学会ガイドラインによると、初期混濁も含めた水晶体混濁有所見率は、50歳代で37~54%、60歳代で66~83%、70歳代で84~97%、80歳代で100%と年齢とともに有病率が高くなる傾向にあります。

白内障の一般的な症状は、物が霞んで見えたり、だぶって見えたりするというものです。水晶体がにごってくると、外から入ってくる光が散乱するため、まぶしさを強く感じたりすることもあります。適切な治療をしないまま白内障の症状が進行していくと、徐々に視力が低下していくことになります。

また、一度にごってしまった水晶体は元には戻りません。視力低下の進行を抑える効果がある点眼薬などはありますが、目薬や飲み薬などで白内障そのものを治療することは困難です。症状が進んだ白内障の治療と視力の回復には、手術を受ける必要があるのです。

白内障でも入れる可能性ある保険
4商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる医療保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。死亡保険やがん保険など医療保険以外をご希望の方は0120-880-081まで、お問合せください。

自覚症状あれば眼科で検査を

眼の水晶体には神経や血管はありません。そのため、白内障になっても痛みを感じたり、眼が充血したりするなどの自覚症状を感じることはほとんどありません。ただ、40歳以上になり、物がかすんで見えたり、普段とは見え方が違うと感じたら、まずは眼科で検査を受けた方がいいでしょう。

では白内障の検査はどのように行われるのでしょうか?。白内障の進行度や治療方法を決定するためには実に多くの検査が行われます。たとえば、遠くまたは近くの見え方を調べる「屈折検査」や、眼の眼圧を調べる「眼底検査」、瞳の奥を詳しく調べる「散瞳(さんどう)検査」、眼の中の組織を顕微鏡で拡大する「細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査」などです。(ほかにも、日本白内障学会のウェブサイトによると、「眼底検査」、「網膜電図(ERG)検査」、「角膜内皮細胞検査」などがある)

こうした検査を経て、白内障の進行度や、手術によってどの程度の回復が期待できるかなどを調べます。白内障の手術については、にごった水晶体を超音波で吸い出したのちに、人工の眼内レンズを瞳に埋め込む術式が広く実施されています。

白内障でも入れる可能性ある保険
4商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる医療保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。死亡保険やがん保険など医療保険以外をご希望の方は0120-880-081まで、お問合せください。

病気があっても大丈夫!年齢や治療状況から、ぴったりの保険を探せる「持病があっても安心ナビ」今すぐ検索
免責・禁止事項
  • 医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページの先頭に戻る

白内障でも入れる保険・白内障でも入れる可能性のある保険を資料請求する

お電話で保険のご相談はこちら 0120-880-081 受付番号:3830

メールで保険相談

持病がある方の保険<引受基準緩和型商品から探す>