1. 持病・病気でも入れる保険トップ
  2. からだ(身体)の病気
  3. 白内障でも入れる・加入できる保険
  4. 白内障の入院・医療・治療費用

白内障の入院・医療・治療費用について

白内障と手術

単焦点眼内レンズの手術は5~6万円の自己負担

白内障の治療でもっともポピュラーなのは、にごった水晶体を超音波で砕いて吸い取って、新たに人工の眼内レンズを埋め込むという手術です。白内障は、点眼薬などにより病気の進行を遅らせることはできますが、薬剤などで根本的に治療することはできません。そのため、外科的な治療法で、人工のレンズを装着して、視力を回復させるのです。

白内障 イメージ

白内障の手術で用いられる眼内レンズは、単焦点眼内レンズが主流となっています。このレンズは、単焦点のためピントがあう範囲は限定されているため、術前に眼内レンズのピントなどを眼科医と相談と相談のもとに決めておく必要があります。しかし術後に予想が外れてピントずれなどで再手術が必要になる場合もあります。また、ピントが一つしか合わないため、手術後も老眼鏡などのメガネが必要になることも少なくありません。

ただし、単焦点眼内レンズによる白内障の手術は健康保険の適用となります。術前検査から手術、術後経過観察、薬剤料などは全額健康保険が使えて、3割の自己負担で、5~6万円台、1割の自己負担で1万8000円~2万円台(いずれも片目の費用)となるようです。

白内障でも入れる可能性ある保険
4商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる医療保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。死亡保険やがん保険など医療保険以外をご希望の方は0120-880-081まで、お問合せください。

先進医療に指定されている多焦点眼内レンズ

単焦点レンズに対して、遠近両方にピントを合わせることが可能なのが、多焦点眼内レンズです。遠近両用眼鏡と類似のはたらきをもつことで、人間の眼が備えているのに近い遠近の調節機能を一部回復させる機能があります。

この「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」は、先進医療の対象となっています。先進医療とは将来の保険適用を狙いとして、まだ保険診療に適用されていない先進的な技術と保険診療の混合診療を一部認めたものです。対象となる治療法に対して、先進医療の認定を取得した医療機関であれば、診察・検査・薬代・入院費などは保険が適用されます。自己負担は、先進医療にかかわる技術料だけとなります。

多焦点眼内レンズの手術料は、一般に片目で35~36万円程度です。この費用 に加えて、保険適用部分が数万円程度かかります。ただ、もし先進医療に認定されていない医療機関で手術を受けた場合は、全額が保険診療の適用外になるので注意が必要です。

この先進医療に指定されている治療法を受けるのに有効なのが、「先進医療特約」です。この特約は医療保険に加入の際に付帯することが可能で、特約保険料は毎月100円程度です。先進医療にかかわる自己負担分は、この特約で全額カバーされるので、医療保険に加入する際には付帯しておいた方がいいでしょう。

白内障でも入れる可能性ある保険
4商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる医療保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。死亡保険やがん保険など医療保険以外をご希望の方は0120-880-081まで、お問合せください。

病気があっても大丈夫!年齢や治療状況から、ぴったりの保険を探せる「持病があっても安心ナビ」今すぐ検索
免責・禁止事項
  • 医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページの先頭に戻る

白内障でも入れる保険・白内障でも入れる可能性のある保険を資料請求する

お電話で保険のご相談はこちら 0120-880-081 受付番号:3830

メールで保険相談

持病がある方の保険<引受基準緩和型商品から探す>