1. 持病・病気でも入れる保険トップ
  2. からだ(身体)の病気
  3. 胆石症でも入れる・加入できる保険
  4. 胆石症の予防・入院・治療

胆石症の予防・入院・治療について

胆石症の治療

無症状の場合は経過観察も

胆石症は、肝臓が体内の老廃物や有害物質を代謝・解毒して発生する胆汁が、胆管や胆のうの中で固まって出来た結石(けっせき)によって発症する病気です。胆石が小さいなど、初期の段階では無症状のことも少なくありませんが、症状が進むと、突然激しい痛みを発症させることもあるため、適切な治療が求められます。

胆石症 イメージ

胆石症は、その発生部位によって、治療方法が異なります。患者の約8割を占める「胆のう結石」に加えて、「総胆管結石」、「肝内結石」の3つに分類されます。胆のう結石は、急激な痛みなど胆石症特有の発作を起こしやすいうえ、急性胆のう炎の原因となることもあります。

「胆のう結石」では、無症状の場合は治療をしないで経過観察となる場合もあります。軽い腹痛や胆石がそれほど大きくない場合は、胆石溶解療法(ウルソデオキシコール酸=UDCA)が行われます。胆のう結石の多くはコレステロールが固まったものが多く、この結石を溶かす治療法です。また、胆石の状態によっては、体外から衝撃波を結石に照射して小細粒として破砕する「体外衝撃波結石破砕療法(ESWL)」が選択されることもあります。

ただし腹膜炎などの合併症を起こしたり、肝機能障害の進行や痛みの発作を繰り返す場合は、外科的治療である手術が行われます。胆のう結石では、腹腔鏡下摘出術で胆のうを全摘出する術式が普及しています。

病名・病歴からあなたにぴったりの保険を探せる!

  • 持病があっても安心ナビ

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

総胆管結石は内視鏡的治療が原則

一方、肝臓内の総胆管に結石ができる「総胆管結石」は、ビリルビンカルシウム石によるものが多く、症状の有無に関係なく、発見した場合は内視鏡的治療が原則となります。十二指腸の乳頭部に電気メスを挿入して徐々に切り開いていく「内視鏡的乳頭切開術(EST)」と、乳頭部にバルーンカテーテルを挿入して風船(バルーン)を拡張してから結石を除去する「内視鏡的乳頭バルーン拡張術(EPBD)」が、総胆管結石の標準的な治療法です。

最後に、肝臓内の胆管に結石ができる「肝内結石」ですが、この胆石は全体の1%程度(「胆石症ガイドブック」による)とそう多くはありません。しかし、肝内結石は、肝内胆管がんの合併頻度が高いため、そのことを常に念頭においた治療が行われます。症状や患者の状態によって治療法は異なりますが、胆石がある部分の肝臓の一部を切り取ったり、内視鏡で胆石を除去したりする治療が行われます。

  • (参考)
    「病気がみえるVol.1 消化器」(メディックメディア刊)
  • 日本消化器学会刊「患者さんと家族のための胆石症ガイドブック」ほか

病名・病歴からあなたにぴったりの保険を探せる!

  • 持病があっても安心ナビ

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

    病名・病歴からあなたにぴったりの保険を探せる!

  • 持病があっても安心ナビ

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

免責・禁止事項
  • 医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページの先頭に戻る

持病があっても大丈夫!持病・病歴からあなたにぴったりの保険を検索&一括資料請求!ニッセンライフオリジナル 持病があっても 安心ナビ今すぐ検索

「持病がある方をささえる保険」の比較ができます。比較検討する

お電話で保険のご相談はこちら 0120-880-081 受付番号:3830

メールで保険相談