1. 持病・病気でも入れる保険トップ
  2. からだ(身体)の病気
  3. 胆石症でも入れる・加入できる保険
  4. 胆石症の手術

胆石症の入院・医療・治療費用について

胆石症の手術

胆のう結石では腹腔鏡下摘出術が第一選択

胆石症は、無症状の場合は経過観察の場合もありますが、胆石ができる部位や症状の発症などによって治療が必要となります。胆石症の治療は、胆石の部位によって「胆のう結石」、「総胆管結石」、「肝内結石」の3つに分けられ、それぞれ選択される治療法が異なります。

胆石症 イメージ

胆石を溶かす「胆石溶解療法」や胆石を小細粒として破砕する「体外衝撃波結石破砕療法(ESWL)」など、症状などに応じて適切な治療法が選択されますが、内視鏡を用いた治療や外科的な手術が行われる場合もあります。

たとえば、胆石が胆のう内にできる「胆のう結石」では、結石を構成するコレステロールを溶かす治療法は選択肢の一つですが、症状や合併症の有無などによっては、胆のうを摘出する「腹腔鏡下胆のう摘出術」(LAP-C)が行われます。従来は腹部にメスを入れて開腹する開腹手術が一般的でしたが、1990年代以降に、お腹に数カ所の小さな穴を開けて器具を挿入する腹腔鏡下の術式が導入され、現在は胆のう結石の手術ではこの術式が主流となっています。

「腹腔鏡下胆のう摘出術」は全身麻酔でおこないますが、開腹手術よりも身体への侵襲(負担のこと)が小さく、入院期間も短くて済みます。ただ、この術式は直接臓器に医師が触れることができないうえ、テレビモニターを見ながら行うため、手術中に生じた合併症に対して開腹手術が行われる場合もあります。こうした手術のリスクなどについては、事前に医師からきちんと説明を受けることが大切です。

病名・病歴からあなたにぴったりの保険を探せる!

  • 持病があっても安心ナビ

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

総胆管結石では内視鏡的治療が標準

一方、「総胆管結石」の標準的な治療法は、内視鏡を用いた手術となります。具体的には、「内視鏡的乳頭切開術(EST)」と「内視鏡的乳頭バルーン拡張術(EPBD)」の2つの内視鏡的治療法があります。

ESTは、内視鏡を十二指腸まで入れて、胆管の出口(乳頭部)を小さなメスで切開して広げて結石を除去する治療法です。一方、EPBDはメスではなく、バルーン(風船)を拡張してから結石を除去する方法です。

どちらも総胆管結石の治療には有効ですが、それぞれメリットとデメリットがあります。どの治療法になるかは胆石の数や大きさ、患者の症状や状態、合併症の有無などによって異なりますので、専門医と良く相談し、納得した上で治療を受けることが欠かせません。

  • (参考)
    「病気がみえるVol.1 消化器」(メディックメディア刊)
  • 日本消化器学会刊「患者さんと家族のための胆石症ガイドブック」ほか

病名・病歴からあなたにぴったりの保険を探せる!

  • 持病があっても安心ナビ

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

    病名・病歴からあなたにぴったりの保険を探せる!

  • 持病があっても安心ナビ

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

免責・禁止事項
  • 医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページの先頭に戻る

持病があっても大丈夫!持病・病歴からあなたにぴったりの保険を検索&一括資料請求!ニッセンライフオリジナル 持病があっても 安心ナビ今すぐ検索

「持病がある方をささえる保険」の比較ができます。比較検討する

お電話で保険のご相談はこちら 0120-880-081 受付番号:3830

メールで保険相談