1. 持病・病気でも入れる保険トップ
  2. からだ(身体)の病気
  3. 胃潰瘍でも入れる・加入できる保険
  4. 胃潰瘍と保険に関するご相談・お悩み

胃潰瘍と保険に関するご相談・お悩みについて

「胃潰瘍と保険」に関する相談例

持病や既往症がある人向けの保険商品をご案内しているニッセンライフのカスタマーコンタクトセンターには、胃潰瘍の方からのご相談が数多くあります。
主な質問とその回答例をご紹介します。

食後に腹痛が続いたため、胃腸科で検査したところ、軽い胃潰瘍と診断されました。半年前に投薬治療を開始し、現在は完治しています。手術・入院はしていません。今後、胃潰瘍の再発に備えて、通常の医療保険に加入したいのですが、入れるのでしょうか。

お申し込みいただくことは可能ですが、「完治してから3年間(年数は保険会社によって異なります)は胃および十二指腸の病気を保障しない」(部位不担保)などの条件が付く場合が多くなります。

胃潰瘍になって治療した方でも通常の医療保険にお申し込みいただくことは可能ですが、「完治してから3年間(年数は保険会社によって異なります)は胃および十二指腸の病気を保障しない」(部位不担保)などの条件が付く場合が多くなります。そのため、お客さまのように胃潰瘍の再発に備えたいという方は、持病・既往症ある人向けの引受基準緩和型の医療保険をお勧めします。この商品は、「過去1年(2年)以内に入院・手術をしていない」、「過去3ヶ月以内に医師から入院・手術を勧められていない」などの3~5項目の引受基準を満たせば、胃潰瘍などの持病・既往症ある人でもお申し込みいただけます。

6年前に胃潰瘍で入院し、内視鏡による止血術を受けました。その後、投薬治療で完治し、ピロリ菌の除菌も行いました。その後、再発などはいっさいなく、他の病気で入院・手術したこともありません。通常の医療保険に加入できますでしょうか。

胃潰瘍になった方でも、完治して一定期間が経過しており、再発などなければ、通常の医療保険に加入できる可能性は高くなります。

胃潰瘍になった方でも、完治して一定期間が経過しており、再発などなければ、通常の医療保険に加入できる可能性は高くなります。ただし、完治してから間もない場合は、部位不担保(加入してから○年間は胃および十二指腸の病気は保障しない)などの条件が付く場合があります。お客さまの場合は、完治後5年以上経過しており、特に部位不担保などの条件は付かないと思いますが、詳しくはニッセンライフのカスタマーコンタクトセンターにお問い合わせ下さい。

会社のバリウム検診で、胃潰瘍の疑いを指摘されました。そのため今月、医療機関で内視鏡による検査を受けることになりました。もし、胃潰瘍やがんだったら怖いので、今から医療保険か生命保険に加入しておきたいのですが、入ることは可能でしょうか。

医療機関での精密検査の結果次第ではお申し込みいただくことは可能ですので、検査結果が判明してから再度ご連絡下さい。

申しわけありません。検査した結果、胃潰瘍など病気の疑いを指摘された方は、医療保険や生命保険に申し込むことはできません。もちろん医療機関での精密検査の結果次第ではお申し込みいただくことは可能ですので、検査結果が判明してから再度ご連絡下さい。

*ニッセンライフのカスタマーコンタクトセンターでは、胃潰瘍の方の保険加入のご相談を受け付けています。ぜひお気軽にお電話下さい。

胃潰瘍でも入れる可能性ある保険について
ご相談こちら

0120-880-081

  • 受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ
病気があっても大丈夫!年齢や治療状況から、ぴったりの保険を探せる「持病があっても安心ナビ」今すぐ検索
免責・禁止事項
  • 医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページの先頭に戻る

胃潰瘍でも入れる保険・胃潰瘍でも入れる可能性のある保険を資料請求する

お電話で保険のご相談はこちら 0120-880-081 受付番号:3830

メールで保険相談

持病がある方の保険<引受基準緩和型商品から探す>