1. 持病・病気でも入れる保険トップ
  2. からだ(身体)の病気
  3. 睡眠時無呼吸症候群(SAS)でも入れる・加入できる保険
  4. 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療費用について

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査・治療費用について

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の費用・お金

検査は簡易検査と精密検査の2段階で実施

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、睡眠中に空気の通り道である気道が閉塞して、無呼吸・低呼吸状態に陥る病気です。国内では最低でも200万人以上の患者がいると推定されています。

睡眠時無呼吸症候群イメージ

では、この病気の治療や検査などにかかる費用はどのぐらいなのでしょうか。 まず、睡眠中にいびきをかいたり、息が止まっているなどと家族から指摘を受けた場合は、睡眠時無呼吸症候群の簡易検査を受ける必要があるでしょう。日中に眠気や倦怠感などあればなおさらです。

「簡易検査器」は、自宅で装着できる携帯型の機器で、呼吸状態や血液中の酸素濃度、脈拍数などを測り、無呼吸・低呼吸が1時間に平均して何回あるかを調べることが可能です。呼吸器科や睡眠障害専門クリニック(スリープクリニックなど)で、レンタルすることができ、自宅に持ち帰って1~2晩装着して、医療機関に返却します。費用は3割の自己負担の場合で、3000~4000円程度です。

簡易検査の結果、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあれば、確定診断するために、医療機関に1泊入院して、脳波や眼球運動までを調べる「終夜睡眠ポリソムノグラフィー(PSG)検査」が行われます。費用は病院によって大きく異なり、同じく3割負担の場合で、1万5000円~5万円程度と幅があります。

その理由は、PSG検査の費用は保険診療のため、どの病院でも差はありませんが、全額自費での負担となる入院の際の個室代(差額ベット代)が病院によって大きく異なっているからです。無呼吸の人はいびきをかくことが多く、他の入院患者への配慮から個室に一晩入院して検査をするのが一般的なのです。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)でも入れる可能性ある医療保険4商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる医療保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。死亡保険やがん保険など医療保険以外をご希望の方は0120-880-081まで、お問合せください。

CPAP(シーパップ)療法は毎月1回通院
機器のレンタル料・診察料は約5000円

では、実際に睡眠時無呼吸症候群と診断されて、治療を受けることになると、どのぐらいの費用がかかるのでしょうか。

治療費はCPAP療法を行うのか、マウスピース治療を行うのかによっても異なります。CPAP療法は、精密検査で「AHI20以上」(1時間に10秒以上の呼吸停止が20回以上ある)の場合に健康保険が適用されます。

CPAP療法をする人は、月に1回、必ず病院に通って医師の診察を受けた上で、その診察料とCPAP機器のレンタル料を医療機関に支払わなくてはなりません。健康保険の自己負担額が3割の人の費用は約5000円です。

睡眠時無呼吸症候群は治療をストップすれば、いびきや無呼吸などの症状がぶり返すことになります。そのため、継続的な治療が欠かせません。ですので、CPAP療法を続けている間は、毎月約5000円の費用がかかり、1年間で約6万円、10年間では約60万円もの出費になります。もちろんこれに加えて、医療機関までの交通費なども毎月発生します。

軽症のSAS患者にはマウスピースで治療

一方、マウスピース治療ではどうでしょうか。この治療法は軽症の睡眠時無呼吸症候群の患者に有効で、マウスピースを上下の歯に装着して、睡眠中に下あごを突出させることで、のどが塞がるのを防ぐ方法です。

主に歯科医院で自分の歯形にあったマウスピースを作成してもらうのですが、健康保険が適用になり、3割負担の場合で1万5000円~3万円程度となっているようです。この治療法では、医師の元に毎月通う規則はありません。

中にはCPAP療法開始後、努力して減量し、無呼吸の状態が改善されたため、マウスピース治療に切り替える人もいます。

ただ、CPAP療法もマウスピース治療も根本的に病気を治すものではなりません。睡眠時無呼吸症候群はいったん発症すると完治は難しいと言われているためです。早期に治療を受けて、症状の悪化を防ぐためにも、早期発見がとても大切な病気です。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)でも入れる可能性ある医療保険4商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

病気があっても大丈夫!年齢や治療状況から、ぴったりの保険を探せる「持病があっても安心ナビ」今すぐ検索
免責・禁止事項
  • 医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページの先頭に戻る

睡眠時無呼吸症候群(SAS)でも入れる保険・睡眠時無呼吸症候群(SAS)でも入れる可能性のある保険を資料請求する

お電話で保険のご相談はこちら 0120-880-081 受付番号:3830

メールで保険相談

持病がある方の保険<引受基準緩和型商品から探す>