1. 持病・病気でも入れる保険トップ
  2. からだ(身体)の病気
  3. 睡眠時無呼吸症候群(SAS)でも入れる・加入できる保険

睡眠時無呼吸症候群(SAS)でも入れる・加入できる保険、生命保険、医療保険

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の現状と保険選び

SAS患者は推定で、200~300万人以上

睡眠時無呼吸症候群は通称「SAS(サス)=Sleep Apnea Syndrome」と呼ばれ、睡眠中に空気の通り道である「気道」がふさがって、呼吸がストップすることを繰り返す病気です。

睡眠時無呼吸症候群イメージ

その原因は肥満や小さいあご、扁桃肥大やアデノイドで、仰向けに寝たときに、舌根や口蓋垂(のどちんこ)が下がって気道をふさぐことで発生します。1時間当たりの無呼吸の回数は「無呼吸・低呼吸指数=AHI」で示され、「10秒以上の無呼吸・低呼吸が1時間に5回以上(=AHI5)認められ、いびきや日中の眠気、疲労感などを伴っている場合」にSASと診断されます。

日本人のSAS患者は最低でも200~300万人以上いるとされていますが、実際に「CPAP(シーパップ)治療」(専用機器につないだホースとマスクを通じて鼻から空気を送り込み、圧力をかけてのどの閉塞を防ぐ治療法)を受けている人は20万人程度しかいません。SASは、治療せずに放置しておくと、高血圧、高脂血症、糖尿病など生活習慣病に移行するリスクが高いほか、脳卒中・脳梗塞、虚血性心疾患、心不全、うつ病、不整脈、ED(男性機能障害)、突然死などを起こすリスクが高まることが研究から分かっています。

SAS患者でも申し込み可能な医療保険・終身保険とは

SASは睡眠中の病気のため、自覚症状が少ない場合も多く、知らない間に症状が進行していることも少なくありません。そのため、いったんSASと診断された人は、保険への加入は難しくなります。たとえば入院・手術を保障する医療保険についても、SAS患者は生活習慣病などの合併症を発症しやすいため、引き受けを断られるケースがあります。

がん保険には加入できる可能性は高くなりますが、死亡保険(終身保険・定期保険)への加入は医療保険と同様で、困難です。

こうした中、SASと診断されて治療中の方でもお申し込みいただけるのが、「引受基準緩和型(ひきうけきじゅんかんわがた)」の医療保険や終身保険です。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)でも入れる可能性ある医療保険4商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる医療保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。死亡保険やがん保険など医療保険以外をご希望の方は0120-880-081まで、お問合せください。

この保険は、「持病や既往症がある方向けの商品」のため、通常の保険商品よりも、保険料は割増しされており、加入から1年間は保険金額が半額になるなどの条件があります。しかし、「過去3ヶ月以内に医師から入院・手術を勧められていますか」「過去1年(2年)以内に入院・手術をしていますか」「過去5年以内にがん・肝硬変と診断されていますか」など、3~5項目の告知(質問事項)項目がすべて「いいえ」であれば、お申し込み可能です。

ニッセンライフのカスタマーコンタクトセンターでは、睡眠時無呼吸症候群(SAS)で治療中の方から、①症状や治療内容、②入院・手術の有無、③ほかの持病や病歴の有無、④ご職業、などを伺ったうえで、ご加入いただける可能性が高い保険商品をご案内していますので、ぜひお気軽にお電話ください。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)でも入れる可能性ある保険についてご相談こちら

0120-880-081

  • 受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ
病気があっても大丈夫!年齢や治療状況から、ぴったりの保険を探せる「持病があっても安心ナビ」今すぐ検索
免責・禁止事項
  • 医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページの先頭に戻る

睡眠時無呼吸症候群(SAS)でも入れる保険・睡眠時無呼吸症候群(SAS)でも入れる可能性のある保険を資料請求する

お電話で保険のご相談はこちら 0120-880-081 受付番号:3830

メールで保険相談

持病がある方の保険<引受基準緩和型商品から探す>