1. 持病・病気でも入れる保険トップ
  2. がん(癌)でも入れる・加入できる保険
  3. 乳がん(癌)でも入れる・加入できる保険
  4. 乳がん(癌)の最新の治療方法・放射線治療・抗がん剤治療

乳がん(癌)の最新の治療方法・放射線治療・抗がん剤治療について

乳がんの治療

手術・放射線治療・化学療法を組み合わせる「集学的治療」

近年は、がんの治療において手術療法・放射線治療・化学療法(抗がん剤など)を組み合わせて行う「集学的治療」が主流になっています。
乳がんの治療も例外ではありません。がんの性質や病期(ステージ)、全身の状態、年齢、合併症など個々の患者の状況に合わせた治療法が選択されます。

病院のイラスト

乳がんの治療には、大きく分けて「局所療法」と「全身療法」とがあります。「局所療法」には、「手術療法」と「放射線療法」があり、乳がんの発生部位やその周辺の治療が目的です。

一方、「全身療法」には「化学療法(抗がん剤)」「ホルモン療法」「分子標的治療薬(*)」の3つがあり、局所療法と組み合わせて実施されたり、転移病巣を治療する目的で行われたりします。
(*)分子標的治療薬:がん細胞に過剰に発現している分子などを標的に攻撃する薬剤(乳がん治療では、トラスツズマブやラパチニブ、ペルツズマブなど)

乳がんの治療の中心となるのは「手術」です。乳がんの手術には、乳頭と乳輪を温存し、腫瘍を中心とした乳腺を部分的に切除する「乳房温存療法」と、乳房すべてを切除する「乳房切除術」があります。どちらにするかは、がんの大きさや位置、患者本人の希望などによって異なり、医師と良く話し合った上で決定することが大切です。

乳がんでも入れる可能性ある医療保険
2商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる医療保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。死亡保険やがん保険など医療保険以外をご希望の方は0120-880-081まで、お問合せください。

腫瘍が小さい場合は、乳房温存手術が可能

日本乳癌学会の「患者さんのための乳がん診療ガイドライン」によると、乳房温存療法が可能と考えられる乳がんは、病期(ステージ)「Ⅰ期」「ⅡA期」「ⅡB期」で、「腫瘍の大きさが比較的小さく、広い範囲に石灰化が広がっていないような場合、腫瘍が乳頭から離れており、乳頭を残せるような場合には乳房温存手術が可能です」と記載されています。

近年は適切に症例を選択すれば、乳房温存療法と乳房切除術とで治療成績は変わらないことが分かっています。ただ、乳房温存療法は、手術後に放射線療法が必要なうえ、治療後の再発・転移のリスクが伴います。こうしたことを良く知った上で、術式を慎重に選択する必要があるでしょう。

一方、進行がんで腫瘍が広い範囲に及んだり、複数のしこりが離れた場所に存在する場合は、乳房切除術が行われます。手術後には、自分の背中やお腹の組織を移植したり、人工乳房を挿入する方法などで、形成外科医によって乳房再建する手術を行うことも可能です。

乳がん治療に欠かせない「全身療法」

もちろん乳がんの治療は手術で病巣を切除して終わりではありません。乳がんは、発生段階からリンパ節やほかの臓器などへ目に見えない形で微小転移をしている可能性があります。そのため、手術に加えて、化学療法(抗がん剤治療)やホルモン療法、分子標的治療薬などの「全身療法」がそれぞれの患者の状態に応じて行われます。この「個別化治療」が、がんの中でも進んでいるのが乳がんの治療の特徴と言えます。

乳がんでも入れる可能性ある医療保険
2商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる医療保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。死亡保険やがん保険など医療保険以外をご希望の方は0120-880-081まで、お問合せください。

  • (参考)
  • 国立がん研究センター がん対策情報センター「がん情報サービス」
    http://ganjoho.jp/public/cancer/index.html
  • 日本乳癌学会「患者さんのための乳がん診療ガイドライン」
    http://jbcsfpguideline.jp/
  • 「病気がみえるvol.9 婦人科・乳腺外科」(メディックメディア刊)
  • 「大安心 健康の医学大事典」(講談社刊)
病気があっても大丈夫!年齢や治療状況から、ぴったりの保険を探せる「持病があっても安心ナビ」今すぐ検索
免責・禁止事項
  • 医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。