1. 持病・病気でも入れる保険トップ
  2. がん(癌)でも入れる・加入できる保険
  3. 大腸がんでも入れる・加入できる保険
  4. 大腸がんの手術・方法・円錐手術について

大腸がんの手術・方法・円錐手術について

大腸がんと手術

早期大腸がんには内視鏡治療が有効

大腸がんの治療については、がんの進行度で分類された病期(ステージ)によって、標準的な治療法が決められています。たとえば、がんが粘膜または粘膜下層の浅いところにとどまっている「0期」「Ⅰ期」の大腸がんであれば、内視鏡治療でがんを切除するケースが多くなります。そして、「Ⅰ期」〜「Ⅲ期」で、がんが粘膜下層の深層やさらに深い部分まで浸潤している場合は、開腹手術や腹腔鏡下手術など外科治療が選択されます。

点滴を換える看護師のイラスト

ごく初期の大腸がんであれば、開腹せずに肛門から内視鏡を挿入してがんを切除する「内視鏡治療」が有効です。内視鏡治療については2014年に「大腸治療ガイドライン」が改訂されたことで、選択の幅が広がりました。以前はがんの大きさが2センチ未満の場合に内視鏡治療の適用範囲とされていましたが、改訂によって0期から1期の早期がんでは、がんの大きさは問わないということになりました。

内視鏡治療の方法には、「ポリペクトミー(内視鏡的ポリープ切除術)」、「EMR(内視鏡的粘膜切除術)」、「ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)」の3つがあり、病変のタイプや大きさによって最適な手法が選択されます。ESDは、2012年に健康保険が適用になった新しい術式で、2センチ以上の大きながんでも一括で切除することが可能です。なお、大腸の粘膜には神経が通っていないため、内視鏡治療で通常は痛みを感じることはありません。

大腸がんでも入れる可能性ある医療保険
2商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる医療保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。死亡保険やがん保険など医療保険以外をご希望の方は0120-880-081まで、お問合せください。

腹腔鏡手術では手術ロボットも登場

一方、内視鏡での治療が困難な進行した大腸がんでは、開腹手術や腹腔鏡(ふくくうきょう)手術が選択されます。開腹手術とは文字通り、全身麻酔でお腹を切って、がんのある部分の腸管とリンパ節を切除します。手術の方法は、がんの位置や大きさ、身体状態などによって異なるため、担当医の説明を十分に受けることが大切です。

近年は医療技術の進歩もあり、患者への負担が軽い「腹腔鏡手術」で大腸がんの治療が行われることも多くなっています。この術式は、腹部に1センチ程度の穴を数か所あけて、そこから専用のカメラ(腹腔鏡)と手術操作の器具を挿入して、がんの切除を行う方法です。お腹を大きく切ることがなく、傷も小さくてすみますが、がんの位置や進行度などによっては、開腹手術をせざるを得ない場合もあります。

近年は腹腔鏡手術で、手術ロボット「ダヴィンチ」を導入する病院も増えています。この機器は米国で開発された手術用のロボットで、高解像度の3D画像を見ながら医師がボックス内に設置された器具を操作しながら、手術を行う方法です。医師の手の動きがそのままロボットの手に伝わり、人の手では困難な微細な動きまで実現することが可能です。2009年に藤田保健衛生大学で日本初の大腸がんロボット手術が行われ、徐々に導入する医療機関が出てきました。ただ、まだ大腸がんの手術では、高度先進医療にも保険適用にもなっていないため、高額な治療費がかかるのが課題と言えるでしょう。

大腸がんでも入れる可能性ある医療保険
2商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる医療保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。死亡保険やがん保険など医療保険以外をご希望の方は0120-880-081まで、お問合せください。

  • (参考)
  • 国立がん研究センター がん対策情報センター「がん情報サービス(大腸がん)」
  • http://ganjoho.jp/public/cancer/colon/index.html
  • 「病気がみえるvol.1 消化器」(メディックメディア刊)
  • 「大腸がん 治療法と手術後の生活がわかる本」(講談社)
病気があっても大丈夫!年齢や治療状況から、ぴったりの保険を探せる「持病があっても安心ナビ」今すぐ検索
免責・禁止事項
  • 医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。