1. 持病・病気でも入れる保険トップ
  2. がん(癌)でも入れる・加入できる保険
  3. 肺がん (癌)でも入れる・加入できる保険
  4. 肺がん (癌)の手術・方法・手術後

肺がん (癌)の手術・方法・手術後について

肺がんの手術

病期や組織型などに応じて最適な術式を選択

肺がん治療では病期(ステージ)やがんの組織型(「非小細胞肺がん」か「小細胞肺がん」か)などによって異なり、患者の年齢や全身状態なども併せて検討して、最適な治療法が選択されます。

医者のイラスト

手術による外科治療は、肺がんの基本的な治療法で、一般に非小細胞肺がんのⅠ~Ⅱ期(症例に応じてⅢA期)と、小細胞肺がんのⅠ期で特に有効です。手術の原則は、肺の腫瘍を完全に取り除くことです。そのため、がんの場所や広がりに応じて術式が異なってきます。

〝標準術式〟では、腫瘍を肺葉(肺を構成する「葉」のこと)ごと切除する「肺葉切除」が行われます。切除範囲を小さくしたい場合には、肺区域ごと切除する「区域切除」や、腫瘍を周囲の肺組織と一緒に切除する「部分切除」などの〝縮小手術〟で行います。さらに、症例に応じて、片側の肺すべてを切除する〝肺全摘除術〟が選択される場合もあります。

また、事前の検査で「リンパ節転移の疑いなし」となっていても、リンパ節を切除して転移していないかを調べる「リンパ節郭清(かくせい)」を行うことが多くなっています。

手術で注意しなくてはいけないのは、肺の切除によって肺の体積が小さくなるため、切除する範囲が大きい時は、術後に呼吸機能が低下する恐れがあることです。そのため、もともと肺の機能が低下している人は、手術を断念したり、縮小手術で行われたりする場合もあります。

患者の負担が少ない胸腔鏡手術

近年の傾向としては、患者の負担が少なく術後の回復も早い「胸腔鏡(きょうくうきょう)手術(ビデオ下胸腔鏡手術=VATS)」も普及してきています。開腹するのではなく、胸に数カ所の小さな穴を開けて、そこから電子スコープが付いた胸腔鏡を挿入して病変を切除する方法です。手術の傷も開腹手術と比べて小さく、患者のQOL(生活の質)を維持できる手術として広がりつつあります。

肺がんでも入れる可能性ある医療保険
2商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる医療保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。死亡保険やがん保険など医療保険以外をご希望の方は0120-880-081まで、お問合せください。

病気があっても大丈夫!年齢や治療状況から、ぴったりの保険を探せる「持病があっても安心ナビ」今すぐ検索
免責・禁止事項
  • 医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。