1. 持病・病気でも入れる保険トップ
  2. がん(癌)でも入れる・加入できる保険
  3. 前立腺がんでも入れる・加入できる保険
  4. 前立腺がんと保険に関するご相談・お悩み

前立腺がんと保険に関するご相談・お悩みについて

「前立腺がんと保険」に関する相談例

持病や既往症がある人向けの保険商品をご案内しているニッセンライフのカスタマーコンタクトセンターには、前立腺がんの方からのご相談があります。
主な質問とその回答例をご紹介します。

排尿障害があったため、病院でPSA検査を受けたところ、基準値を上回る数値でした。そのため、来月、超音波検査などより精密な検査を受診することになっています。万が一、前立腺がんだったら怖いので、今から医療保険に申し込みたいと思っています。

精密検査の結果次第では、医療保険やがん保険をご案内できる場合もあります。

申し訳ありませんが、検診で前立腺がんの疑いがあると判定された現時点では、医療保険にお申し込みいただくことはできません。ただ、精密検査の結果次第では、医療保険やがん保険をご案内できる場合もありますので、検査結果が出てから、再度ニッセンライフのカスタマーコンタクトセンターにお問い合わせ下さい。

7年前に前立腺がんと診断され、手術で前立腺を全摘出しました。その後の経過は順調で再発や転移などは見つかっていません。定期的に検査はしているものの、いたって元気でほかの病気などにもかかっていません。今から医療保険またはがん保険に加入することは可能でしょうか。

はい、ご加入いただける可能性はあります。

はい、ご加入いただける可能性はあります。持病・既往症がある方向けに「引受基準緩和型」の医療保険やがん保険をご用意しています。ただし告知項目に該当していない事が条件になります。

(例)
  • 引受基準緩和型 医療保険の場合
  • 「過去2年以内に入院・手術・放射線治療を受けていない」など

告知項目は保険会社によっても異なります。ぜひ複数の保険商品を比較してご検討ください。

前立腺がんは遺伝的な要素が強いと聞きました。私の父と叔父とも前立腺がんで命を落としています。私自身は大きな病気はしたことがなく、入院・手術の経験もありませんが、がんに対する恐れだけは人一倍強いです。通常の人よりも、がんのリスクは高いかもしれませんが、保険には加入できますか。

ご自身が健康であれば、保険選びに制約が出ることはありません。

現在健康で、持病や既往症がなければ、医療保険やがん保険、死亡保険(終身保険・定期保険)などからご希望の商品をお選びいただけます。遺伝的にがんになるリスクが高いというデータがあっても、ご自身が健康であれば、保険選びに制約が出ることはありません。

前立腺がんの腹腔鏡手術で、手術ロボットの「ダヴィンチ」を活用している病院が増えていると聞きました。最先端の治療だと思うので、治療費は高そうですが、先進医療特約などで保障されるのでしょうか。

従来の手術とほとんど変わらない治療費で最先端の医療を受けることが可能です。

手術ロボット「ダヴィンチ」による前立腺全切除術は先進医療ではなく、2012年から健康保険の適用になっています。そのため年齢や所得にもよりますが、おおむね3割の自己負担で手術を受けることができます。しかも高額療養費制度を活用すれば、従来の手術とほとんど変わらない治療費で最先端の医療を受けることが可能です。詳しくは医療機関にお問い合わせください。

ニッセンライフのカスタマーコンタクトセンターでは、前立腺がん経験者の保険加入のご相談を受け付けています。ぜひお気軽にお電話ください。

前立腺がんでも入れる可能性ある保険についてご相談こちら

0120-880-081

  • 受付番号:3840】株式会社ニッセンライフ
病気があっても大丈夫!年齢や治療状況から、ぴったりの保険を探せる「持病があっても安心ナビ」今すぐ検索
免責・禁止事項
  • 医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。