WillNavi

となりの保険事情

春から一人暮らしを始める大学生の息子。医療費助成の終了や学資保険満期のため、医療保険を探しています。

ユミさん(48歳)

  • image
    • 家族構成
      夫(50歳) 子供(18歳)
    • 職業
      夫:会社員(製造業)
      ユミさん:パート
    • 年収
      夫:580万円
      ユミさん:100万円
大学生の保険 学資保険満期 医療費助成
18歳からの医療保険 大学生協の共済

1.18歳を過ぎたら、医療保険への加入を検討して

image

https://pixabay.com/

image
息子が大学に合格し、春から一人暮らしを始めます。今までは医療費も助成されており、学資保険に医療保障も付けていたのですが、学資保険も満期を迎え、今後は医療費をカバーできるものが何もありません。

医療費助成は、乳幼児や子供が通院もしくは入院をした場合に、健康保険が適用される医療費に対して助成される自治体の制度です。
対象年齢や助成する金額などは自治体ごとに異なり、中には中学生や高校生までを対象としているところもあります。
ユミさんのお子さまは18歳まで助成を受けられていたとの事で、おそらく今までは医療費の負担がほとんどなかったはずです。

また、学資保険に医療保障も付加されていたとなると、入院保障はかなり手厚かったと考えられます。
しかし大学入学を機にこれらの保障はすべてなくなってしまいますので、医療保険への加入は良いタイミングと言えるでしょう。

2. 「終身型」なら保険料を抑えられる。保障内容はできるだけシンプルに

image

https://pixabay.com/

image
まだ若いので、病気のリスクは少ないと思うのですが、将来子供が自立した時に自分で保険料を払っていける医療保険がいいのですが…。

確かに若いうちは病気のリスクが少なく、将来お子さまが自分で保険料を払っていくことを考えると、保険料は安く、さらに保険期間の途中で保険料が上がらない商品を選ぶことをおすすめします。
一般的に保険料の多寡は、保障内容や保険期間、保険料の払込期間などが大きく影響しています。

image

https://pixabay.com/

医療保険の保険期間は、おもに次の3つのタイプで構成されています。

  • 更新型
    保険期間が10年、20年などで満期を迎え、その都度更新するタイプ
  • 満了型
    一定の年齢(60歳、70歳など)に達すると保障が終了するタイプ
  • 終身型
    保障が一生涯続くタイプ

さらに「終身型」は、60歳などある一定の年齢までに保険料を払い込む「有期払いタイプ」と、一生涯払い続ける「終身払いタイプ」に分かれています。

この中で保険料負担が少ないのは「終身型」、かつ保険料払込期間を「終身払いタイプ」に設定する保険です。

定期的に見直しすることを見据えて、10年などの「更新型」で加入する方法も考えられますが「更新型」は次の更新時に値上がりする可能性が高いため、今は「終身型」の「終身払いタイプ」に加入し、保険料を抑えることを優先的に考えてはいかがでしょうか。

image

https://pixabay.com/

image
保険料は抑えつつ、ここだけは注意して選んだ方がいいポイントなどはありますか?

保険料を抑えるためには、保障内容をシンプルにすることも大事な点です。
医療保険は、おもに「入院給付金」と「手術給付金」の二つの基本保障がベースとなり、それに「先進医療」「がん一時金」「通院」などの特約を付けることで、 保障に厚みを持たせる仕組みの保険です。
保険料を抑えるためには、基本保障の給付金額(入院給付金額・手術給付金額)はなるべく小さいものに加入した方が良いでしょう。

特約は保険期間の途中からでも追加できる商品もあるため、必要以上に付けないことがポイントになりますが、 追加した時点の健康状態によっては保険会社の審査が通らない可能性がある点は注意しましょう。 また、途中で追加した場合、加入当時よりも年齢が上がっているため保険料が高くなることがあります。そのため、はじめから付帯しておくと良い特約もあります。

おすすめは「先進医療特約」です。
先進医療の技術料は、公的医療保険の対象外となり、がんの重粒子線治療に代表されるように治療費が高額(数百万円~)となるケースが多くあります。
しかし、先進医療特約は月に100円程度の保険料で加入できる商品が多いので、はじめから付けたとしてもさほど負担に感じることはないと思います。

image

https://pixabay.com/

また「大学生の間だけ」と限定するのであれば、大学生協の生命共済もおすすめです。
それまでの学生生活とは異なり行動範囲も広がることで、ケガや事故のリスクも高まります。
通学中やサークル中の保障、一人暮らしの家財の保障など大学生特有の保障内容となっているため、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • 学資保険の満期を過ぎたら、医療保障の見直しを
  • 保険料を抑えることと将来見直すことを考慮して、保障内容はできるだけシンプルに

大学生の子供におすすめの保険は?

先進医療特約更新なし!
お手頃な保険料医療保険
商品はこちら 保険のご相談はお気軽に[通話料無料]
0120-880-081

【受付番号:3150】株式会社ニッセンライフ

社会保障制度や保険商品全般に関する情報は2017年2月現在のものです。