WillNavi

持病がある方の保険選び

通常の保険、持病があると入れない?

image

持病がある方も『特定疾病不担保』や『特定部位不担保』といわれる条件を付けて、通常の保険に加入できるケースがあります。

例えば、女性疾病の中でも患者数の多い「子宮内膜症」で治療中の場合、病気が悪化し入院や手術を受ける可能性が高いため通常の保険に加入することは難しくなります。

しかし『特定疾病不担保』という「特定の病気(疾病)については保障しない」条件を付けて、通常の保険に加入できる場合があります。

この場合の特定疾病とは子宮内膜症のことで、保障されない期間(不担保期間)は2~5年が多いようです。

また、『特定部位不担保』という「体の中の特定の部位については保障しない」条件を付けて、通常の保険に加入できる場合もあります。

例えば、高齢化社会が進む中、患者数が増えると予測される「白内障」で治療中の場合、この条件を付けて通常の保険に加入すると「眼球(特定部位)の病気は一定期間保障しない」ことになります。

このように『特定疾病不担保』『特定部位不担保』は、持病以外の病気になった場合にそなえて加入する方法です。加入後すぐに、持病の悪化の保障を希望する場合は、引受基準緩和型の保険に加入する必要があります。

全18商品から資料請求