ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > からだの病気 > 膠原病

膠原病

膠原病でも入れる・加入できる保険

膠原病の治療法

膠原病は、「自己免疫反応」によって、全身に分布している結合組織を中心に炎症が起こって、さまざまな部位に障害があらわれる疾患です。
各病気については未知の部分も多く、現状ではステロイド等によって炎症をおさえる治療がメインで、確実に完治させる治療法は確立されていません。

そのため、治療としては、症状を抑えて日常生活を普通に送れるレベルにする「寛解(かんかい=病気の症状が軽減または消滅し、安定した状態を保つこと)」を目指した治療がおこなわれます。

膠原病の治療で最も多くもちいられるのが「ステロイド(副腎皮質ホルモン)」です。
ステロイドには炎症をしずめる大きな効果があり、異常な免疫作用も抑制する働きがあります。膠原病の中でも、「全身性エリテマトーデス(SLE)」、「皮膚筋炎(DM)」、「結節性多発動脈炎(PN)」、「混合性結合組織病MCTD」」などの治療には有効とされています。

しかし、投薬治療に伴う副作用には注意が必要です。
投薬の期間や量、個々の患者の状態によっても異なりますが、ニキビや肌荒れ、むくみや筋萎縮、体重増加、抑うつ・不安感、骨粗鬆(こつそしょう)症、尿路結石、高血圧、緑内障、白内障などの副作用が出る可能性があるため、投薬の前には事前に医師や薬剤師の説明をしっかり聞いておきましょう。

治療薬による副作用については医師・薬剤師から事前に説明を聞いておきましょう
一方、免疫抑制作用がある「免疫抑制薬」も、膠原病の治療薬としてもちいられます。この薬剤は、免疫担当細胞を抑制するだけでなく、正常な免疫細胞の働きもおさえてしまうため、感染症などの合併症が発生するリスクがともないます。

たとえば、膠原病の中でももっとも患者数が多い「関節リウマチ」は、免疫抑制薬の一種である抗リウマチ薬「メトトレキサート」が第一選択の薬剤として使用されますが、副作用として間質性肺炎や肝障害などが発生する可能性があるのです。

ここでは膠原病の代表的な治療法を紹介しましたが、膠原病には多様な種類があり、それぞれで治療法や薬剤の種類などは異なります。具体的な治療法や有効な薬剤、その副作用などについては、医師や薬剤師から事前にきちんと説明を受けて十分理解したうえで、治療をすることが大切でしょう。

膠原病でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ