病名から保険を選ぶ

こころの病気

年齢や性別に関係なく、こころの病気は誰にでも発症するリスクがあります。どんな症状があるのか、治療方法や保険を検討するときのポイントなどをご紹介しています。

うつ病

うつ病

うつ病は、「こころの風邪」などといわれることがありますが、実際は脳の機能障害が原因であるといわれているため、誰もが発症する可能性がある病気です。

パニック障害

パニック障害

動悸や息切れといった強い不安をともなう発作が、思いがけないときに突然発生する病気です。
パニック障害が原因で、抑うつ状態になることもあります。

統合失調症

統合失調症

思考や行動、感情を統合する能力が長期間にわたって低下する病気が統合失調症です。
幻覚や幻聴、妄想といった症状があり、原因は脳にあるといわれています。

精神疾患

統合失調症

精神疾患はうつ病や統合失調症など「こころの病気」の総称です。
原因として心因性、外因性、内因性があり、様々な症状の組み合わせや期間などによって診断されます。

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ