ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > こころの病気 >  統合失調症

統合失調症

統合失調症でも入れる・加入できる保険

統合失調症でも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

統合失調症の治療方法

統合失調症の記事に関する挿絵

統合失調症の治療には、入院・通院どちらの場合でも、薬を処方する「薬物療法」と、専門家と話をしたりリハビリしたりする「心理社会療法」を併用しておこなわれます。

薬物療法では、主に「抗精神病薬」がもちいられます。
抗精神病薬には、
①幻覚・妄想・自我障害などの陽性症状を改善する 「抗精神病作用」
②不安・不眠・興奮・衝動性を軽減する 「鎮静催眠作用」
③感情や意欲の障害などの陰性症状の改善を目指す 「精神賦活(ふかつ)作用」
など大きく3つの作用があります。

薬剤療法では、補助的に抗不安薬や睡眠薬、抗うつ薬、気分安定薬などが使用されることがあります。
どちらの場合でも、患者の一人ひとりの病状に応じて、医師が適切な薬物を処方し、症状の安定をみながら薬の減量や中止をはかっていきます。薬剤は症状を改善させるだけでなく、統合失調症の再発を予防する効果もあります。

統合失調症でも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

一方、統合失調症ではその病気の性質から、家庭・社会生活に障害が生じることがあります。これらの回復に向けては、薬物療法と並行してリハビリなど心理社会的な治療法が選択されます。
病状や生活の状態に応じて、
①心理教育
病気や治療に関する知識を身に付けて対処法を学ぶ。
②生活技能訓練
SST/ロールプレイなどを通じて、社会生活や対人関係のスキルを回復する訓練を行う。
③作業療法
園芸、料理、木工などの軽作業を通じて、生活機能の回復を目指す。
などがおこなわれます。

統合失調症は一般に、『前兆期→急性期→回復期→安定期』をたどって回復していきます。

「前兆期」は急性期を前に、焦りや不安感、気力の減退などさまざまな精神症状が出る時期です。
うつ病や不安障害の症状と似ており、初めての場合はすぐに統合失調症と診断できないことがあります。

「急性期」では幻覚や妄想などの特徴的な症状が現れたり、日常生活や対人関係に障害が出たりしてきます。

「回復期」は治療の効果で症状が徐々に治まっていく時期ですが、まだ油断はできません。
根気よく治療を続けることが大切です。

「安定期」に入ると、完全に病前の状態に戻ったり、リハビリなどの併用で復帰を果たす患者さんも出てきます。しかし、この状態から前兆期が再び始まり、再発する人がいることも否定できません。

統合失調症でも入れる可能性のある医療保険
2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

統合失調症でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3820】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ