ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > 女性の病気

病名から保険を選ぶ

女性の病気

実は、20~30代の女性は男性よりも入院する可能性が高いといわれており、その原因のほとんどは子宮や卵巣といった「女性にしかない臓器」に関係する病気です。その中でも代表的な病気についてご紹介しています。

子宮筋腫

子宮筋腫

子宮筋腫は子宮の筋肉にできる腫瘍のことで、婦人科があつかう病気の中では最も患者数が多いといわれている病気です。
30~40歳代の女性に多く、子宮筋腫のほとんどは良性の腫瘍です。

子宮筋腫でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

子宮内膜症

子宮内膜症

子宮内膜症とは、子宮の内側をおおっている「子宮内膜」といわれる組織が、子宮の内側以外の場所に発生する病気です。
主な症状は月経痛で、そのほかにも不妊や腰痛などがあります。

子宮内膜症でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

卵巣嚢腫

卵巣嚢腫

卵巣に発生した良性の腫瘍のことを卵巣嚢腫といいます。
卵巣の病気は自覚症状が出ないことが多い病気で、子宮がん検診などで偶然発見されるケースが多くあります。

卵巣嚢腫でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ