用語集

専門用語が分からない、言葉の意味を知りたい…そんな時に役立つ、保険の用語集です。

アルファベットは仮名読み(例:「A」は「え」

「 そ 」からはじまる用語

  • 損害保険料控除制度(損害保険料控除) 【そんがいほけんりょうこうじょせいど そんがいほけんりょうこうじょ】

    火災保険等の契約により保険料を支払う場合、その保険料に応じて一定額の所得税や住民税が契約者の課税所得(個人や法人の利益を対象として課される税金)から差し引かれることをいいます。ただし、一般的に自動車保険の保険料に関しては損害保険料控除の対象とはなりません。

  • 損害保険料率算出機構 【そんがいほけんりょうりつさんしゅつきこう】

    参考純率や基準料率の算出と会員への提供、自賠責保険の損害調査を主な業務とする料率算出団体です。「損害保険料率算出団体に関する法律」に基づき設立されました。保険会社が損害保険料率算出機構の会員となります。

  • 損害保険料率算定会 【そんがいほけんりょうりつさんていかい】

    損害保険業の健全な発達を図り、保険契約者などの利益を保護するために、公正な料率を算出することなどを目的として「損害保険料率算出団体に関する法律」に基づき設立された法人です。損害保険料率算定会は「損害保険料率算出機構」の前身です。

  • 損害率 【そんがいりつ】

    損害保険における収入保険料に対して支払った保険金の割合のことであり、保険金(Loss)を保険料(Premium)で割ることにより計算されます。保険金や保険料の計測手法によって、求められる損害率は異なり、一般的には正味保険金に損害調査費を加えたものについて、正味保険料によって割った割合のことを意味します。保険会社における経営分析や、保険料率の算出において用いられます。

  • 損保 【そんぽ】

    損害保険の略称です。偶然の事故によって生じる実際の損害額を補償する方式が中心です。主な損害保険には自動車保険や火災保険、地震保険、傷害保険など幅広い商品があります。

  • 損保協会 【そんぽきょうかい】

    「日本損害保険協会」の略称で、損害保険事業の健全な発展と信頼性の向上を図り、安心で安全な社会の形成のために設立されました。主な事業内容として、損害保険に関する資格試験や研修等の実施、相談苦情対応、損害保険業における基盤整備などが挙げられます。

  • 増加年金 【ぞうかねんきん】

    年金受取開始後の配当金によって買い増しされる分のことをいいます。配当金次第で金額が決まるため、基本年金のように金額が確定しているものではなく、ゼロの場合もあります。

  • 贈与 【ぞうよ】

    当事者の一方が自分の財産を無償で相手方に与える意思表示をし、相手方がそれを受諾することによって成立する契約のことをいいます。

  • 贈与税 【ぞうよぜい】

    個人から財産を譲り受けた者に対してかけられる税金のことをいいます。具体的には、自分が保険料を負担していない生命保険を受取った場合などが課税対象となります。

当サイトに掲載されている用語は2018 年1 月末現在に作成しておりますが、不定期に更新・改訂されていますのでご了承ください。