1. ホーム
  2. 緩和型保険
  3. アクサダイレクトのはいりやすい医療
緩和型

アクサダイレクトのはいりやすい医療

アクサダイレクト生命保険株式会社

契約年齢 満20歳~満69歳
保険期間 終身
保険料払込期間 終身
申込方法 ネット

健康告知項目

健康に関する質問(告知)項目は3つ(※特約によっては5つ)

以下の質問(告知)項目すべてが「いいえ」の場合にお申し込みいただけます。

  • 1.現在、入院 ※1をしていますか?または、最近3カ月以内 に、医師から入院※1・手術・検査※2をすすめられたことがありますか。
    いいえ
  • 2.過去1年以内に、入院※1または手術を受けたことがありますか。
    いいえ
  • 3.過去5年以内に、<別表>の病気やケガで、医師の診察※3・検査※4・治療・投薬を受けたことがありますか?※5
    いいえ
    別表
    がん(上皮内がんを除く)

    悪性新生物

    ※肉腫、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、真性赤血球増加症(多血症)、骨髄異形成症候群、慢性骨髄増殖性疾患/本態性(出血性)血小板血症を含みます。

    糖尿病の合併症

    糖尿病の合併症(網膜症、腎症、下肢の潰瘍・えそ)

    ※上記の合併症を発症していない場合は除きます。

    脳・心臓・血管の病気 一過性脳虚血発作、脳梗塞(脳血栓症、脳塞栓症を含む)、脳内出血、くも膜下出血、狭心症、心筋梗塞、心筋症、動脈瘤、先天性心臓病、心臓弁膜症、食道静脈瘤
    肝臓・すい臓の病気 慢性肝炎、肝硬変、慢性すい炎
    腎臓の病気

    慢性腎炎、慢性腎機能障害

     

    ※投薬や透析を受けた場合に限ります。

    肺の病気

    慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎を含む)、慢性呼吸機能障害

    ※酸素吸入が必要な場合に限ります。

    指定難病

    難病医療費助成制度の対象となる指定難病

    ※お申し込み時点で「難病の患者に対する医療等に関する法律」に基づき難病医療費助成制度の対象となる指定難病をいいます。

    神経系の損傷 頸髄の損傷
    精神および行動の障害 躁病、双極性障害(躁うつ病)、統合失調症、アルコール依存症、薬物依存症、認知症、アルツハイマー病

《追加質問項目》 3大疾病保険料払込免除特約(緩和型)を付加する場合

  • 4.いままでに悪性新生物にかかったことがありますか。または、過去2年以内に、以下の病気で、医師の診察※3・検査※4・治療・投薬を受けたことがありますか?※5

    上皮内がん、ポリープ、腫瘍、腫瘤、子宮頚部異形成、胸のしこり

    いいえ

《追加質問項目》 女性疾病入院特約(緩和型)を付加する場合

  • 5.過去2年以内に、以下の病気で、医師の診察※3・検査※4・治療・投薬を受けたことがありますか?※5

    子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮内膜異型増殖症、卵巣のう腫、 卵巣出血、乳腺症、乳腺炎、月経異常、不妊症・不妊治療中

    いいえ
    5つの質問項目に対する回答が「いいえ」の場合でも、職業やお申込内容などを総合的に判断した結果、お引受けできないことがあります。
  • ※1
    検査入院を含みます。ただし、検査入院の結果、治療・投薬の必要がなかった場合は除きます。また、分べんによる入院は除きます。
  • ※2
    ここでいう「検査」とは、医師の診察・健康診断・人間ドック・がん検診を受けた結果、診断確定のためにすすめられた再検査・精密検査をいいます。ただし、検査を受けた結果、治療・投薬の必要がなかった場合は除きます。
  • ※3
    経過観察のための定期的な診察も含みます。
  • ※4
    ここでいう「検査」とは、この項目に記載されている病気やケガの治療中や治療後、治療後の経過観察中に受けた検査をいいます。
  • ※5
    この項目に記載されている病気の疑いやケガの疑いがあると医師に指摘されている場合も含みます。ただし、診察・検査の結果、この項目に記載されている病気やケガと診断されなかった場合は除きます。
  • 告知項目の詳細は、告知書、アクサダイレクト生命のホームページをご確認ください。
  • 告知項目に該当しない場合でも、職業やお申込内容などを総合的に判断した結果、お引き受けできないことがあります。

商品の特長

  • 持病や入院・手術歴があってもお申込みOK!
    高血圧、糖尿病、上皮内がん、緑内障、うつ病などで投薬・治療中の方でもはいりやすい医療保険です。
  • 入院費と手術費のどちらも基本保障でカバーします※
    病気やケガをした際に発生する入院費や手術費に、どちらも基本保障として備えられます。
    • Ⅰ型の場合
  • 必要最小限の保障内容で保険料もお手頃に
    必要な分だけ保障を追加できますので、本当に必要な保障だけに絞って、保険料を抑えることもできます。

保障内容

安心プランの場合
疾病・災害入院給付金※1※2
病気やケガで入院したとき
1日につき5,000円
(1入院60日、通算1,095日まで)
手術給付金※2
手術を受けたとき[Ⅰ型を選択した場合]
(回数無制限)※3
<入院せず手術した場合>
1回につき2.5万円
<入院し手術した場合>
1回につき5万円
特約
先進医療特約(緩和型)※4
先進医療による療養を受けたとき※5
先進医療給付金
先進医療にかかる技術料と同額
(通算2,000万円まで)
先進医療一時金
1回につき10万円
(60日に1回まで)
入院時一時金給付特約(緩和型)
疾病・災害入院時一時金
病気やケガで入院したとき
1回につき5万円
(1年間に2回の入院まで)
通院支援特約(退院時給付型)(緩和型)
通院支援一時金
入院し、退院した時※6
1回につき5万円
(1年間に2回の退院まで)
保障内容の注意事項
  • ※1
    災害入院給付金は、不慮の事故でケガをした日から180日以内に入院したときに限ります。
  • ※2
    責任開始期前からの持病は(既往症)を原因とする入院、手術などに対しても、所定の要件を満たした場合には給付金をお支払いします。
  • ※3
    一部の手術については60日間に1回のお支払いを限度とします。また、一部の手術については、連続して2日以上受けた時でも、2日目以降はお支払いの対象になりません。詳しくは「ご契約のしおり・約款」をご覧ください。
  • ※4
    先進医療特約(緩和型)の保険期間・保険料払込期間は10年です。更新時の年齢が満90歳以上の場合には終身型へ変更して更新されます。なお、更新後の保険料は、更新時の被保険者の満年齢および更新時に適用される保険料率によって新たに再計算されます。
  • ※5
    この特約の先進医療とは、厚生労働大臣が定める先進医療をいい、厚生労働大臣が定める医療機関で行われるものに限ります。なお、先進医療の種類や医療機関は随時見直され、療養を受けた日に先進医療に該当するものが給付の対象となります。先進医療を保障する特約は、被保険者1人につき、通算して1特約のみご契約いただけます。先進医療特約をすでにお申込みまたはご契約いただいている場合には、新たにお申込みいただく契約にこの特約は付加することはできません。
  • ※6
    疾病・災害入院給付が支払われる入院をし、退院時に生存していた場合にお支払いたします。

特約(オプション)

付加可能な特約(オプション)
3大疾病保険料払込免除特約(緩和型)※7
3大疾病で入院したとき※8
以後の保険料の払込みを免除
長期入院時一時金給付特約(緩和型)
疾病・災害長期入院時一時金
入院日数が61日目に達したとき
1回につき50万円
健康祝金特則(緩和型)
健康祝金
3年間給付金などのお支払い対象に該当しなかったとき
3年毎に1回 5万円
女性疾病入院特約(緩和型)※7
女性疾病入院給付金
がん・女性特有の病気で入院したとき
1日につき5000円(入院給付金日額と同額)
特約の注意事項
  • ※7
    3大疾病保険料払込免除特約(緩和型)、女性疾病入院特約(緩和型)を付加する場合、追加質問(告知)項目があります。告知項目の詳細は、告知書、アクサダイレクト生命のホームページをご確認ください。
  • ※8
    3大疾病保険料払込免除特約(緩和型)の、悪性新生物による保険料の払込みの免除については、保険契約のお申込みまたは告知のいずれか遅い時点(主契約の責任開始期)の属する日からその日を含めて91日目に保障が開始されます(悪性新生物による保険料の払込みの免除の責任開始)。悪性新生物による保険料の払込みの免除の責任開始期前までに悪性新生物と診断確定された場合には、保険料の払込みを免除いたしません。この場合、診断確定された日からその日を含めて180日以内に契約者からお申出があったときは、この特約を無効とし、すでに払い込まれたこの特約の保険料を契約者に払い戻します。

保険料

安心プランの場合
契約年齢 男性 女性
20歳 4,120円 4,709円
30歳 4,846円 5,057円
40歳 6,089円 5,515円
50歳 8,035円 7,012円
60歳 10,534円 9,146円

(保険期間・保険料払込期間:終身)

付帯サービス

付帯サービス一覧
医師・看護師などに24時間365日電話で健康相談
医師や看護師などにいつでも相談OK。育児相談・医療機関の案内にも対応しています。
ご利用いただける方
被保険者とその同居の家族
日本の名医(総合相談医)のセカンドオピニオンや優秀専門臨床医をご紹介
医療の進歩により治療方法が多様化しており、医師、医療機関によっても見解の違うケースがあります。自分自身が納得のいく治療を選択できるよう、日本を代表する名医(総合相談医)に相談することができます。
ご利用いただける方
被保険者
付帯サービスの注意事項
  • 本サービスはティーペック株式会社が提供するものであり、アクサダイレクト生命の保険商品の一部を構成するものではありません。
  • サービスの内容を予告なく中止・変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ニッセンライフに相談も可能です

ニッセンライフに相談も可能です
電話での相談

ニッセンライフの経験豊富な専門のアドバイザーが対応することで、保険でお悩みの点や疑問点などお客様の個々の状況に合わせてサポート可能です。

通話無料0120-880-081

受付時間:平日9時~19時、土・祝:9時~18時
(年末年始を除く)
対面での相談

ニッセンライフのコンサルタント、もしくは提携している共同募集代理店のコンサルタントが直接お会いし保険のご提案をいたします。

保険料・保障内容は2021年6月現在のものです。この広告には、保険商品の内容すべてが表示されているわけではありません。商品を選択される際の参考情報としてご活用ください。商品の詳細については必ず「パンフレット」「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」及び「ご契約のしおり(抜粋)」または「ご契約のしおり・約款」をご確認ください。「アクサダイレクトのはいりやすい医療」は健康状態に不安のある方でもお申込みいただきやすいように質問項目(告知)を簡易にし、引受基準を緩和した商品です。そのため、「アクサダイレクトの終身医療」に比べて、保険料が割増しされています。健康状態について、より詳細に告知をいただくことによって、保険料が割増しされていない「アクサダイレクトの終身医療」にご契約いただける場合があります。お引き受けに際しては保障の対象となる方の健康状態や、ご契約に関わるお客様の情報に基づいて、総合的に審査いたしますので、お引き受けできない場合があります。なお、入院中の方はいかなる場合もお引き受けできません。

【引受保険会社】
アクサダイレクト生命保険株式会社
東京都港区白金1-17-3 NBFプラチナタワー
アクサダイレクト生命保険株式会社
  • AXA-069-212-009

    AXA-069-212-009

トップへ