1. ホーム
  2. ペット図鑑を見る
  3. スコティッシュ・フォールド

スコティッシュ・フォールド

スコティッシュ・フォールド
平均体高
オス
-
メス
-
平均体重
オス
2.4~6kg
メス
2.4~6kg
平均寿命

13.4歳

このネコ種について

概要

スコティッシュ・フォールド(Scottish Fold)は、1961年にスコットランドで発見された突然変異種です。その愛らしい見た目と気質がかわいがられ、繁殖を進められてきたのですが、1970年代初期に中止されることになります。しかしその後アメリカでも繁殖が進み、1977年にCFA(THE CAT FANCIERS' ASSOCIATION, INC.:世界最大規模の猫種登録団体)で登録されることになりました。

スコティッシュは故郷であるスコットランド、フォールドは「折る」「折れ曲がり」という意味から来ています。垂れた耳から「ふくろう」「テディベア」などと呼ばれることもあります。

外見

生後3週間ぐらいまでは立ち耳で、その後耳がヒダ状に折れ始めます。垂れた耳が印象的ではありますが、実は発生率は30%ほど。一度立ち耳になってから垂れ耳になることもあれば、ストレス等で立ち耳になったままなど、さまざまです。垂れ耳は伝染病に罹患しにくい特徴がありますが、耳の病気の予防に週に1度ほど、綿棒で汚れを拭きとってあげることも大切です。

筋肉がしっかりしていて、肩幅や胸、骨盤まではほぼ同じ太さをしています。

長毛種(ロングヘアー)短毛種(ショートヘアー)があります。垂れ耳や顔の特徴は同じですが、長毛種は首の周りに飾り毛があるのが特徴です。

習性・性格

のんびり穏やかな性格で、すぐに人になつきます。その人なつっこさは群を抜いていて、はじめての人にも甘えるほど。「愛情深い」「人が大好き」「はじめての場所にも適応できる」という性格から、とても飼いやすい猫といわれています。小さな子供や他の動物とも仲良くでき、環境の変化にも強いです。

もちろん個体差はあり、抱っこや構われるのが嫌いな子もいますが、愛情を持って接するときちんと返してくれます。

環境への適応力も高く、寒さに強いことでも知られています。

かかりやすい病気

傷病例

  • 1位 嘔吐/下痢/血便
  • 2位 外耳炎

    耳介から鼓膜まで(外耳)の耳の皮膚に炎症が起こることを外耳炎といいます。激しい痒みを伴い、大量の耳垢や臭いのある分泌物がでることが特徴です。

  • 3位 膀胱炎

    膀胱に炎症が起こることが原因となり、血尿、頻尿、排尿時の痛みなどの症状が見られる病気が膀胱炎です。排尿困難や血尿などの泌尿器症状を引き起こす「猫下部尿路疾患(FLUTD)」の要因の1つです。

  • 4位 胃炎/胃腸炎/腸炎
  • 5位 結膜炎

    まぶたの裏側にある結膜が炎症を起こす眼の病気です。ネコちゃんではしばしばみられ、片眼だけのこともありますが、両眼ともに結膜炎を起こす場合もあります。

  • 「かかりやすい病気」はアニコム損保「どうぶつ診療費ドットコム」より。(2019年10月末時点掲載)

診療費について

年間診療費

年間診療費(参考)
47,882

診療費例

中耳炎
年齢1歳
治療日数通院1日
診療内容
  • 初診料:1000円
  • 耳垢検査:1000円
  • 耳処置:2,000円
合計4,000円
腸閉塞
年齢2歳
治療日数入院5日、手術1回
診療内容
  • 再診料 700円
  • 血液検査:12,000円
  • レントゲン検査:4,000円
  • 超音波検査:4,000円
  • 麻酔料:15,000円
  • 手術料:65,000円
  • 入院料:15,000円
  • 注射:20,000円
  • 静脈点滴:15,000円
  • 内服薬(抗生剤7日分):1,400円
合計152,100円
  • 「年間診療費(参考)」はアニコム損保「家庭どうぶつ白書2016」より。
  • 「診療費例」はアニコム損保へのご請求の一例です。