1. ホーム
  2. ペット図鑑を見る
  3. アメリカン・ショートヘア

アメリカン・ショートヘア

アメリカン・ショートヘア
平均体高
オス
-
メス
-
平均体重
オス
3.5~7kg
メス
3.5~7kg
平均寿命

13.5歳

このネコ種について

概要

アメリカン・ショートヘア(American Shorthair)は、17世紀にイギリスの移民がアメリカ大陸へ上陸した際に、一緒に連れてきたブリティッシュショートヘアという猫の子孫とされています。環境に合わせて硬く厚い被毛に変わっていきました。20世紀に入ってから輸入種との異種交配でいろいろな猫が産まれ、現在の姿になったといわれています。

日本でも1990年代後半頃より流行し始め、現在では「アメショー」という愛称で親しまれています。

外見

シルバーとブラックの縞模様が有名ですが、なんと色や柄の種類は80以上!タビーパターンやソリッド、バイカラーなど多数あるので、個性があらわれます。
丸いアーモンド形の目がとても可愛らしいですが、実は開拓時代の野性的な性質が残っており、強い筋肉と厚い被毛も特徴的です。お手入れは簡単ですが、換毛期にはしっかりとブラッシングをしてあげることが大切です。

脚もがっしりしていてどんな地面でのジャンプもお手の物。人なつっこい外見とネズミを捕獲する剛健さとのギャップが、アメショーの魅力です。

習性・性格

なでられたり抱っこされるのが大好き。穏やかで本当に人なつっこいです。賢く好奇心も旺盛で、子供や犬とも仲良く同居することができます。ネズミを捕獲するワーキングキャットとしての気質が残っているため、しっかりと遊んで運動させてあげましょう。

一方で自然の中で生き抜いてきた歴史があるからこそ、独立心もあります。実は人間の手を借りなくても生き抜く強さがあるのです。ブリティッシュショートヘアの気質を強く引き継いでいる場合、抱っこされるのを好まない子もいます。

かかりやすい病気

傷病例

  • 1位 嘔吐/下痢/血便
  • 2位 胃炎/胃腸炎/腸炎
  • 3位 膀胱炎

    膀胱に炎症が起こることが原因となり、血尿、頻尿、排尿時の痛みなどの症状が見られる病気が膀胱炎です。排尿困難や血尿などの泌尿器症状を引き起こす「猫下部尿路疾患(FLUTD)」の要因の1つです。

  • 4位 腎不全

    腎臓は、尿の生成・老廃物や毒素の排出・ホルモンの分泌などを行っている臓器です。この腎臓が十分に機能しなくなると、多飲や食欲不振、嘔吐などさまざまな症状を引き起こします。この状態を「腎不全」といいます。

  • 5位 外耳炎

    耳介から鼓膜まで(外耳)の耳の皮膚に炎症が起こることを外耳炎といいます。激しい痒みを伴い、大量の耳垢や臭いのある分泌物がでることが特徴です。

  • 「かかりやすい病気」はアニコム損保「どうぶつ診療費ドットコム」より。(2019年10月末時点掲載)

診療費について

年間診療費

年間診療費(参考)
62,604

診療費例

免疫介在性溶血性貧血
年齢5歳
治療日数通院1日
診療内容
  • 再診料 700円
  • 血液検査(CBC) 3,000円
  • 処方料 500円
  • 内服薬(プレドニゾロン 14日分) 2,800円
合計7,000円
膿胸
年齢4歳
治療日数入院4日、手術1回
診療内容
  • 初診料:1,000円
  • レントゲン検査:6,000円
  • 血液検査:7,000円
  • 全身麻酔:10,000円
  • 胸腔チューブ設置、胸腔内洗浄:8,000円
  • 点滴:22,000円
  • 入院料(3泊4日):12,000円
  • 内服薬:3,500円
合計69,500円
  • 「年間診療費(参考)」はアニコム損保「家庭どうぶつ白書2016」より。
  • 「診療費例」はアニコム損保へのご請求の一例です。