ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > からだの病気 > 狭心症

狭心症

狭心症でも入れる・加入できる保険

狭心症でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

狭心症の治療法

狭心症とは、心筋を取り巻く冠動脈の血流が悪くなり、必要な酸素や栄養分が一時的に届かなくなることで発症する病気です。
そのため、狭心症など虚血性心疾患の治療は、心筋に十分な血液を行き渡らせることを目的におこなわれます。

具体的には、狭心症の治療は、胸部の痛みなど発作が出たときにそれをおさえる治療と、血栓ができるのを防いで、発作そのものを予防する治療とに大別されます。

狭心症の発作が出たときに、有効なのがニトログリセリンや硝酸イソソルビドなどの硝酸薬と呼ばれる薬剤です。発作が出たときに、舌の下に投与することで薬剤がすぐに血液中に取り込まれて、症状を緩和させる効果が期待できます。また、発作を予防する薬剤としては、カルシウム拮抗薬やβ遮断薬(ベータブロッカー)など心臓や心筋の働きを休める作用がある薬がもちいられます。

狭心症の多くは薬剤治療が中心となりますが、狭心症のタイプや症状などによっては、カテーテル治療(=経皮的冠動脈インターベンション/PCI)や冠動脈バイパス手術(CABG)などの治療法が選択される場合があります。

カテーテル治療とは、カテーテルと呼ばれる直径2ミリ程度の細長い管を、太ももの付け根や手首の血管から、冠動脈まで挿入し、血管が詰まっている箇所をバルーン(風船)やステントを用いて広げる治療法です。具体的には、カテーテルの先端に付いた風船(バルーン)で血管を膨らませた上で、金属でできたステントという網状の小さい筒を血管内に留置して、狭くなった箇所を広げる治療法です。

一方、冠動脈バイパス手術は、冠動脈の血管の詰まっている箇所を迂回するように、新たな血管の「バイパス(迂回路)」を作って、血液の通り道を確保する手術です。どちらも、心筋梗塞の患者には、一般的におこなわれている治療法です。

狭心症でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ