用語集

専門用語が分からない、言葉の意味を知りたい…そんな時に役立つ、保険の用語集です。

アルファベットは仮名読み(例:「A」は「え」

「 つ 」からはじまる用語

  • 通院特約 【つういんとくやく】

    入院給付金の支払対象となる入院をして、退院後、その入院の直接の原因となった病気やケガの治療を目的として通院した場合に通院給付金が受け取れる特約のことです。

  • 通貨スワップ 【つうかすわっぷ】

    ディリバティブ取引の一つで、当事者同士において異種通貨間で将来の金利や元本を交換する取引のことをいいます。

  • 通常配当 【つうじょうはいとう】

    3利源配当タイプの「毎年配当型」では、通常、契約後3年目の契約応当日から毎年、利差配当タイプの「5年ごと利差配当型」では契約後6年目の契約応当日から5年ごとに分配される配当金です。

  • 通知義務 【つうちぎむ】

    保険契約後に契約内容に変更が生じた場合に、保険契約者または被保険者が保険会社に速やかに連絡しなければならない義務のことです。

  • 月払 【つきばらい】

    毎月払い込む方法です。

  • 積立 【つみたて】

    配当金を保険会社に積み立てておく方法で、所定の利息がつきます。途中で引き出すこともできます。満期や死亡の場合には、保険金と一緒に受け取ります。

  • 積立勘定 【つみたてかんじょう】

    積立型の損害保険において、その積立資産を責任準備金やほかの資産と区分して運用するために設けられる勘定のことをいいます。公正に契約者配当を行う趣旨で設けられています。

  • 積立金(保険料積立金) 【つみたてきん ほけんりょうつみたてきん】

    保険会社が将来的に保険金の支払いをするために積み立てているお金のことをいいます。

  • 積立保険 【つみたてほけん】

    生命保険は、貯蓄性の高い「積立タイプ」と貯蓄性のない「掛け捨てタイプ」に分類されます。積立保険とは貯蓄性の高い保険のことであり、養老保険・個人年金保険・学資保険がこれに該当します。

当サイトに掲載されている用語は2018 年1 月末現在に作成しておりますが、不定期に更新・改訂されていますのでご了承ください。