1. ホーム
  2. お役立ち情報
  3. 豆知識
  4. 自動車保険の手続方法を紹介!車を初めて購入した場合と車を買い替えた場合

自動車保険の手続方法を紹介!車を初めて購入した場合と車を買い替えた場合

  • 公開日:
  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク
自動車保険の手続方法を紹介!車を初めて購入した場合と車を買い替えた場合

車の運転にともない発生した、さまざまなトラブルを補償してくれる自動車保険。
万が一のときのために、加入している保険について、理解を深めておくことは大切なことです。

ここでは、初めて車を購入した時と車を買い替えた時の自動車保険の手続について、解説します。

初めて車を購入した場合

自動車保険は、「自動車損害賠償責任保険(以下、自賠責保険と略)」と「任意の自働車保険(以下、任意保険と略」に分かれます。自賠責保険と任意保険の補償内容を理解し、自分に必要な補償を選ぶようにしましょう。

自賠責保険の特長

自賠責保険の特長は二つです。

  1. 加入義務がある「強制保険」
  2. 補償額に上限がもうけられている

自賠責保険の特長を整理し、もしもの時にどのぐらい補償を受けることができるのか理解しておきましょう。

加入義務がある「強制保険」

自賠責保険は加入義務がある「強制保険」です。
自賠責保険に加入していない車は一般道を走行することができず、車検を通すこともできません。

基本的に、車を購入した時に加入し、車検の時に更新するという流れになります。
加入していない場合や保険が切れていた場合、道路交通法違反となります。

補償に限度額がもうけられている

自賠責保険は、損害の種類により、補償に限度額がもうけられています。

傷害死亡後遺障害
120万円3,000万円4,000万円

自賠責保険は補償に限度額がもうけられており、限度額を超える損害額については、全額自己負担になります。補償は「対人賠償」のみなので、相手のモノ、自分自身や搭乗者のケガ、自分の車の損害については補償を受けることができません。

任意保険に加入

任意保険へ加入することで、自賠責保険で補償できない場合にそなえ、安心して車を運転することができるでしょう。

加入は「任意」

任意保険は、その名のとおり加入するかは「任意」です。
ただし、実際は、自賠責保険だけでは不十分と考え、ほとんどのドライバーが任意保険に加入しています。

補償内容が手厚い

任意保険は対人賠償責任保険、対物賠償責任保険、人身傷害保険と搭乗者傷害保険、車両保険など、自賠責保険ではカバーできない損害に備えることができます。

補償内容は、自分自身でカスタマイズすることができます。
車の使用状況や地域の交通状況など、自分のカーライフに応じた補償内容を選びましょう。

代理店型と通販型

任意保険の加入方法は保険の代理店で申込む「代理店型」と、インターネットやお電話で申込む「通販型」があります。

代理店型は、車を販売しているディーラーが保険会社の代理店になっていることが多く、代理店の担当者があなたに合った補償を提案してくれるでしょう。

通販型は、インターネットや電話で手続をするため、代理店手数料などのコストがはぶかれる分、保険料は安くなる傾向にあります。

保険会社のコールセンターに電話をすることで、補償内容について、詳しく教えてもられるので、保険に詳しくない方でも安心です。

「代理店型」と「通販型」のメリットを比較し、自分にあった申込方法を検討しましょう。

車を買い替えた場合

車を買い替えた場合

車を買い替えた場合、今まで乗っていた車から、新しい車に保険を切り替える必要があります。この手続のことを「車両入替」といいます。

車両入替をきちんと行うことで、新しい車にとぎれることなく補償をつけることができます。

自賠責保険は「車両入替」、または「解約」

自賠責保険は、次の条件を満たす場合に限り、「車両入替」が可能です。

  1. 車両入替前後で保険料表における車種区分が同一であること
  2. 同一保険料表内の異動であること(本土と沖縄本島の車両の入替はできません)
  3. 入替前のお車が廃車(ナンバープレート等の返納)されていること

上記の条件を満たさない場合は、現在、加入している自賠責保険を「解約」して、新規契約として新しい車の自賠責保険を申し込む必要があります。すでに支払っている残りの保険期間分の保険料は返金されます。

次の書類をご準備の上、保険証券記載の保険会社の営業店窓口にてお手続きください。

  • 自賠責保険証明書
  • 契約者の印鑑
  • 本人確認書類(運転免許証や健康保険証等)
  • お車を廃車(返納)したことを証明する公的な書類
  • 保険料の返還先の口座情報がわかるもの (解約の場合のみ)
  • 車検証等、新しいお車の内容がわかるもの(車両入替の場合のみ)

なお、各種条件によって、別途書類が必要となる場合があるので、事前に営業店に確認しておきましょう。

任意保険は「車両入替」

任意保険の場合も自賠責保険と同様に車に保険がかけられています。
こちらは、車両入替の手続をすることで、新しい車に保険を切り替えることができます。

手続は「納車日までに」

車を買い替えた時、自賠責保険に加入しているから、任意保険については、あとでゆっくり考えようという方もおられるかもしれません。しかし、車両入替の手続を済ませていないと、新しい車では補償が受けられない場合があるので、納車日までに車両入替の手続を済ませておくようにしましょう。

まとめ

「自動車保険の手続方法を紹介!車を初めて購入した場合と車を買い替えた場合」のまとめ

ここでは初めて車を購入した場合と車を買い替えた場合の手続方法について、説明しました。

手続方法を正しく理解した上で、あなたに合った補償内容を選択し、安心して車を運転できるようになりましょう。

⇒自動車保険の一覧、詳細はこちら

この記事を書いた人
ニッセンライフニッセンライフ
Will Naviを運営する株式会社ニッセンライフは通販でおなじみのニッセンのグループで、セブン&アイグループ傘下の企業です。 40年以上の豊富な経験と実績をもつ保険代理店です。 ニッセンライフの経験豊富な専門のアドバイザーが、保険でお悩みの点や疑問点などお客様の個々の状況に合わせてサポートいたします。
  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク
【必ずお読みください】
・このページは自動車保険の概要についてご紹介をしており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。
・保険会社によって、補償内容・保険名称・特約名称等異なりますので、ご注意ください。詳細については「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」等をご確認ください。
・損害保険は、引受保険会社の商品によって、保険締結の『代理』もしくは『媒介』を行い、告知受領権についてはその取扱いによって告知受領権の有無が相違します。

ニッセンライフの自動車保険

ニッセンライフ