ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > からだの病気 > 糖尿病

糖尿病

糖尿病でも入れる・加入できる保険

糖尿病とは

糖尿病とは、血液中のブドウ糖の濃度である「血糖値」が高くなることで発症する病気です。
健康な人の血糖値は空腹時で80~110mg/dLぐらいですが、食事後にブドウ糖が血液中に入ってくると、血糖値は高くなります。
それでも上限は140mg/dLぐらいですが、血糖値がそれ以上に高くなると高血糖となります。
この高血糖が続いている状態が糖尿病です。

糖尿病の発症原因は、すい臓で生産されるインスリンというホルモンの分泌が低下したり、働きが悪くなったりすることで、血糖値を適切に下げることができなくなることにあります。
中高年以上の発症確率が高いですが、若年者も発症するケースも少なくありません。

糖尿病でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

その一方で、日本の糖尿病患者の約90%を占めるのが、2型糖尿病です。 これは、遺伝的に糖尿病になりやすい人が、肥満や運動不足、過食、ストレスなどを原因として発症します。
もともと、日本人には遺伝的にインスリン分泌が弱い人が多いといわれています。遺伝的な体質に生活習慣や加齢などの要因が加わり、発症する確率が高まります。
そのため、2型糖尿病は「生活習慣病」の一つにかぞえられます。

血糖値が極端に高くなれば重症化し、合併症を引き起こすこともありえます。適切に血糖値をコントロールできれば、そのような状態になるリスクを減らすことが可能です。
むしろ糖尿病で怖いのは、ほとんど症状に現れない程度の高血糖です。症状が出ずに気が付かないまま、体内に高血糖の悪影響が広がっていくので早期発見・治療が必要です。そのまま放置しておくと、合併症を引き起こすことがあります。

たとえば、糖尿病を原因として視力が弱くなり、失明することもありうる糖尿病網膜症は来合併症です。
また糖尿病腎症になると、定期的に透析を受けなければいけなくなります。さらに、手足のしびれが続いたり、全身にさまざまな影響が現れる糖尿病神経障害という合併症もあります。

健康診断を定期的に受けて常に血糖値を把握しておく必要があります。もし、血糖値が高いと言われたら、医師のアドバイス・治療を受けて、血糖値が高くならないように、つねに気をつけておく必要があります。

糖尿病でも入れる可能性のある医療保険
3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

糖尿病でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ