ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > からだの病気 > 糖尿病

糖尿病

糖尿病でも入れる・加入できる保険

「糖尿病と保険」に関する相談例

持病や既往症がある方向けの保険商品をご案内しているニッセンライフのカスタマーコンタクトセンターには、糖尿病の方からのご相談が数多くあります。
主な質問とその回答例をご紹介します。

1年前に2型糖尿病と診断され、食事療法と運動療法を続けています。血糖値が大きく上がることもなく、きちんとコントロールされていると思います。ただ今後糖尿病が悪化したり、合併症になったりするのが怖いので、保険への加入を検討しています。

回答はこちら

持病や既往症がある人向けの専用の医療保険などをご案内出来る可能性があります。

はい。糖尿病と診断された方は、通常の医療保険や死亡保険(終身・定期保険など)へのご加入は難しくなりますが、持病・既往症がある人向けの「引受基準緩和型」の医療保険・終身保険のご案内は可能です。(1)過去3ヶ月以内に医師から入院・手術をすすめられていないか、(2)過去1年(2年)以内に、入院・手術をしていないか―など、3~5項目の簡単な告知項目にすべて「いいえ」であればお申し込みいただけます。

糖尿病で2ヶ月に1回通院し、投薬治療を受けています。糖尿病で治療中だと保険に加入できないと聞きました。いったん治療をストップして保険に加入したいと思います。治療を中断すれば通常の保険にも加入できますか?

回答はこちら

現在治療中の方には、持病・既往症がある方でもお申し込み可能な「引受基準緩和型(ひきうけきじゅんかんわがた)」の医療保険などをご案内しています。

申しわけありません。いったん発症した糖尿病については、治療を中断したとしても、完治しているわけではないので、通常の保険への加入は難しくなります。持病・既往症がある人向けの引受基準緩和型の保険商品をご検討ください。

会社の健康診断で血糖値が高いと指摘を受けて、医療機関を受診したところ、軽い糖尿病と診断されました。すぐに保険会社に連絡をして、医療保険に加入しようとしましたが、引き受けを断られてしまいました。まったく自覚症状がなく、過去に入院したこともないのに、なぜ通常の保険に入れないのでしょうか。

回答はこちら

健康な方と比べて入院・手術などをするリスクが高くなります。そのため、保険会社は糖尿病と診断された方に対して、保険の引き受けに慎重なのです。

生活習慣病である糖尿病は、ゆっくりと進行して自覚症状がないまま、合併症を引き起こすことが少なくありません。たとえ、現在は無症状でも今後、症状が悪化する可能性は否定できず、健康な方と比べて入院・手術などをするリスクが高くなります。そのため、保険会社は糖尿病と診断された方に対して、保険の引き受けに慎重なのです。

2年前に糖尿病と診断され、正しい食事療法と運動療法を身につけるために「教育入院」を2週間しました。その後は、食事・運動療法で血糖値をコントロールしており、症状の悪化はありません。持病・既往症がある人向けの専用商品には加入できますか。

回答はこちら

告知項目は保険会社によって異なりますので、ぜひ複数の保険会社の商品を比較してご検討ください。

引受基準緩和型の医療保険の告知項目に「過去2年以内に糖尿病で入院をしていないこと」を条件にしている保険会社があります。そのため、教育入院の場合でもこの項目に該当してしまうため、お申し込みいただけない場合もあります。ただ、告知項目は保険会社によって異なりますので、ぜひ複数の保険会社の商品を比較してご検討ください。

*ニッセンライフのカスタマーコンタクトセンターでは、糖尿病の方の保険加入のご相談を受け付けています。ぜひお気軽にお電話下さい。

糖尿病でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ