ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > からだの病気 > 高血圧

高血圧

高血圧でも入れる・加入できる保険

高血圧とは

私たちの体を流れる血液が血管の中を通るときに、血管には常に圧力がかかっています。
これを「血圧」と言います。
心臓は一般に毎分60~70回のひん度でポンプのように収縮・拡張を繰り返していますが、心臓が収縮して血管を押し出した瞬間にかかる圧力が最も高くて、「収縮期血圧(最高血圧)」と呼ばれます。
一方、収縮したあとに拡張するときにかかる圧力は最も低く、「拡張期血圧(最低血圧)」と呼ばれます。

「高血圧」とは、この最高血圧と最低血圧のどちらか、または両方とも高い状態を指します。
高血圧になる要因は加齢や遺伝的体質、生活習慣などさまざまありますが、日本人の高血圧の大部分は原因が特定できない「本態性高血圧」と呼ばれるもので、全体の9割を占めています。

一方、腎臓や血管、中枢神経などあきらかな原因が特定できる高血圧は「二次性高血圧(症候性高血圧)」と言います。なお、日本高血圧学会の「高血圧治療ガイドライン2014」によると、高血圧の定義は「収縮期血圧が140ミリメートル(mm)水銀柱(Hg)以上、または拡張期血圧が90mmHg以上」となっています。

高血圧でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

高血圧は「サイレント・キラー(静かなる殺人者)」と呼ばれる病気で、自覚症状がないまま、じわじわと症状が悪化することも少なくありません。健康診断などで定期的に血圧をはかることが早期発見にはとても大切ですが、高血圧状態では、血液の圧力が強くなり、動脈の壁(血管壁)をつねに圧迫します。その圧力に耐えるために、血管壁が厚くなったり、傷ついた血管の内膜にコレステロールなどの脂質が蓄積したりします。

こうして血管壁がだんだんと硬く、厚くなり、内腔が狭くなってきます。この状態が「動脈硬化」です。動脈硬化によって血液の通り道が狭くなると、やがては血液が詰まり、心筋梗塞や心不全、脳梗塞、腎不全などさまざまな合併症を発症するリスクが高くなります。

自覚症状がほとんどない高血圧の早期発見・治療には、健康診断などで定期的に血圧を測定することが欠かせません。血圧については、定期検診や病院での診察時だけでなく、定期的に家庭で測定し、自分の標準血圧値を知っておくことが大切です。
血圧は1日のうちでも昼間は高く、夜は低くなります。起床時に血圧が高くなる「早朝高血圧」という症状には要注意です。

また、血圧値は緊張や不安などで上昇する傾向があり、家庭よりも病院で測定した方が普段よりも高くなることもあります。「家庭用血圧計」などを用いて、精神的にリラックスした家庭内で、起床時と就寝時の1日2回測定することが理想的でしょう。

高血圧でも入れる可能性のある医療保険
3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

高血圧でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ