ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > からだの病気 > てんかん

てんかん

てんかんでも入れる・加入できる保険

てんかんでも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

てんかんの治療法

てんかんは、脳のニューロン(神経細胞)が異常な電気活動(電気発射)を起こすことで発症する病気です。
そのため、治療については、この脳の異常興奮を抑制したり、ほかの神経細胞に興奮が伝達したりしないように、「抗てんかん薬」など薬剤を用いられることが多くなっています。
てんかんは専門医のもとで、適切な治療・服薬をすれば発作を抑えることが可能な場合も多い病気なのです。

しかし、服薬については十分注意しなくてはいけません。というのも、てんかんの治療については長期に渡って薬を飲む必要があり、また綿密な管理を行わないと副作用が出やすいからです。

てんかんでも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

てんかんの薬物治療は一般的に抗てんかん薬が多く、通常、1種類の薬剤より開始され、発作を抑制する効果が認められなければ、2~3種類の薬剤が順次処方され、必要に応じて多剤による併用治療が行われます。
全般発作に対してはバルプロ酸が第1選択薬として、欠伸発作にエトスクシミド、ミオクロニー発作にクロナゼパム、大発作にはフェノバルビタールが第2選択薬として推奨されています。
また、部分てんかんにはカルバマゼピンが第1選択薬として推奨されています。
単剤の服用では、その薬の最高耐用量まで服用して効果が確かめられます。
抗てんかん薬による治療の治療期間と終結については、合理的な根拠や心理・社会的要因などを考慮されます。

抗てんかん薬の服薬による副作用としては、発疹などアレルギー反応や眠気やふらつき、長期服用による肝機能の低下や白血球の減少などが見られることがあります。こうした副作用が出たときは、医師に必ず相談し、服薬を中止するか、薬の量や期間を調整するなど適切な対応が必要です。
また、服薬によって、てんかん発作が消失していても、自己判断で薬を飲むのを止めてはいけません。薬を急にストップすることで、突然大きな発作を誘発するリスクが高くなるためです。

70~80%のてんかん患者は、上記のように抗てんかん薬で寛解(かんかい)となりますが、残る20~30%のてんかん患者は、抗てんかん薬でてんかん発作を抑制できないため、外科療法が検討される場合があります。寛解(かんかい)とは医学用語で、「症状が落ち着いて安定した状態」のことを指します。

てんかんでも入れる可能性のある医療保険
3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

てんかんでも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ