ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > からだの病気 > 関節リウマチ

関節リウマチ

関節リウマチでも入れる・加入できる保険

関節リウマチとは

関節リウマチとは、関節や関節周囲の骨や腱、筋肉に痛みを生じる病気のことです。
関節は、骨と骨とがつなぎ合わされた部分で、骨の端にはクッションの役割を果たす軟骨があります。
関節リウマチは、ウイルス感染などをきっかけに免疫系(リンパ球)が自分自身の組織を異物とみなして攻撃してしまい、関節の滑膜に炎症を生じさせることで発症します。
関節リウマチは、「自己免疫疾患」の一つです。
免疫とは、体外から侵入してきた細菌やウイルスなどの異物を排除するための仕組みです。

ですが、この免疫の仕組みが乱れると、体外から侵入した異物に過剰に反応するアレルギー症状や、自分の体の組織や成分を異物とみなして攻撃してしまう自己免疫疾患が起こります。

関節リウマチでも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

発症年齢は30〜50歳代が多く、特に女性の罹患率が男性よりも高くなっています。関節リウマチの典型的な症状は、関節の痛みやこわばりで、手指、足の指、手首の関節などに現れることが多いです。
このほか全身症状としては疲れやだるさ、脱力感、体重減少、食欲の低下などで、症状が悪化すると肺炎や心臓疾患、胃潰瘍などのリスクも高まります。

関節リウマチの患者で最初に痛くなった関節は、手指が約半数を占めて最も多く、手首、膝、足の指・足の裏、肩、足首と続きます。関節以外の症状として、「乾燥性結膜炎(眼が乾燥する。ごろごろする。ドライアイ)」、「浮腫(むくむ、指で押すとくぼみが残る)」、「皮下結節(皮下にできる固いしこり)」、皮下出血などがあげられます。

関節リウマチで怖いのは合併症のリスクが高くなることです。たとえば間質性肺炎は「リウマチ肺炎」とも呼ばれ、リウマチ患者の発症リスクは健康な人よりも高くなります。さらに、骨粗鬆症や貧血なども合併しやすい病気です。関節リウマチ患者が診断された合併症として、骨粗鬆症、貧血、シェーグレン症候群、肺炎、橋本病など甲状腺の病気があります。

関節リウマチでも入れる可能性のある医療保険
3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

関節リウマチでも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ