ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > からだの病気 > 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群でも入れる・加入できる保険

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(英語名SAS=サス)とは、その病名のとおり、「睡眠中に呼吸が断続的に停止する」病気です。
1時間あたりで、10秒以上の無呼吸・低呼吸が5回以上(または、7時間あたりで10秒以上の無呼吸・低呼吸が30回以上)あり、イビキや日中の眠気、疲労感などをともなっている場合に、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

では睡眠時無呼吸症候群ではどのような症状があらわれるのでしょうか。
まず喉がふさがれることで、十分に酸素を体内に取り込むことができなくなり、血液中の酸素が不足し、動脈硬化や不整脈を引き起こします。さらに無呼吸から無理に覚醒すると、身体を休めるための副交感神経よりも、交感神経が優位になり、血圧や血糖値が上昇します。
その状態が続くと、糖尿病や心疾患、脳卒中になるリスクが増します。
生活習慣病だけではありません。一晩中眠りが浅い状態が続けば、不眠症やうつ病など精神疾患を発症する可能性も高くなる上、症状が進行すれば「突然死」にいたることもあります

眠時無呼吸症候群でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

この病気は、睡眠中に空気の通り道である「気道」がふさがれることで引き起こされます。
その原因で一番多いのは肥満です。舌の周辺などに脂肪が付着することで、仰向けに寝た際に喉がふさがれやすくなるのです。
ただ、日本人などアジアの人に多い顎(あご)が細い骨格も実は、舌根や口蓋垂(のどちんこ)が落ち込んで気道がふさぎやすくなるため、睡眠時無呼吸症候群の要因になります。また、扁桃肥大(へんとうひだい)やアデノイドなどがあっても発症しやすくなります。

典型的な症状として「日中に眠くなる」ということがあり、自動車運転時などでの居眠り運転につながりかねません。睡眠時無呼吸症候群を原因とする大きな事件も発生しています。
2003年にJR山陽新幹線の運転士が最高時速270キロで走行中に、約8分間も眠ってしまったのです。幸い事故にはつながりませんでしたが、一歩間違えば大事故になるところでした。

このように睡眠時無呼吸症候群は放置していれば大変怖い病気ですが、自覚症状がないまま日常生活を送っている人も少なくありません。
ただ、イビキがひどかったり、睡眠中に無呼吸状態から呼吸を開始する際に出す「グワッ」という鋭い音を何度も立てていると、この病気にかかっている可能性があります。病院で検査を受けるべきでしょう。

眠時無呼吸症候群でも入れる可能性のある医療保険
3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

眠時無呼吸症候群でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ