ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > からだの病気 > 白内障

白内障

白内障でも入れる・加入できる保険

白内障とは

白内障とは瞳の奥にある水晶体がにごって、物がかすんで見えたり、まぶしく見えたりする病気です。
水晶体とは、人間の眼の中でカメラのレンズにあたる部分です。

白内障の原因で、最も多いのは加齢です。
男女問わず、年齢を重ねるにしたがって白内障になるリスクが高まっていくのです。
特に50歳を過ぎた人は要注意です。
「何となくモノが見えにくい」「ピントが合いにくい」などの症状が出てきたら白内障を疑う必要があります。

白内障は80歳になれば、ほとんどの人がかかっているとされており、今後、日本での超高齢化社会の進展で、白内障の患者数は間違いなく増加していくと見られています。
その一方で、白内障には、先天性のものや眼にケガをしたあとや糖尿病の合併症として発症するタイプなどもあります。

白内障でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

水晶体がにごってくると、外から入ってくる光が散乱するため、物がかすんで見えたり、まぶしさを強く感じたりすることもあります。適切な治療をしないまま白内障の症状が進行していくと、徐々に視力が低下していくことになります。
そして、一度にごってしまった水晶体は元には戻りません。
視力低下の進行を抑える効果がある点眼薬などはありますが、目薬や飲み薬などで白内障そのものを治療することは困難です。症状が進んだ白内障の治療と視力の回復には、手術を受ける必要があるのです。

眼の水晶体には神経や血管はありません。そのため、白内障になっても痛みを感じたり、眼が充血したりするなどの自覚症状を感じることはほとんどありません。ただ、40歳以上になり、物がかすんで見えたり、普段とは見え方が違うと感じたら、まずは眼科で検査を受けた方がいいでしょう。

では白内障の検査はどのようにおこなわれるのでしょうか?
白内障の進行度や治療方法を決定するためには実に多くの検査が必要になります。
遠くまたは近くの見え方を調べる「屈折検査」や、眼の眼圧を調べる「眼底検査」、瞳の奥を詳しく調べる「散瞳(さんどう)検査」、眼の中の組織を顕微鏡で拡大する「細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査」など適切な検査を経て白内障と確定診断されます。

白内障でも入れる可能性のある医療保険
3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

白内障でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ