ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > からだの病気 > 白内障

白内障

白内障でも入れる・加入できる保険

白内障でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

白内障の治療法

加齢によって発症するケースが多い白内障は、進行すれば視力が低下するため、早期に治療が必要です。
一度水晶体がにごると目薬や飲み薬では元の状態に戻すことは困難です。
そのため、治療には手術をする必要があります。
濁っている水晶体を取り除き、除去した水晶体の代わりに、眼内レンズと言われる”人工の水晶体”を入れる手術が広くおこなわれています。

眼球を切開するということで、怖い手術をイメージする人も少なくないかもしれませんが、点眼による麻酔などで痛みは最小限におさえられるうえ、手術の時間も10~30分ぐらいです。
近年は日帰りでの手術も多くなってきました。

手術の中でも最も多くおこなわれているのは、「超音波乳化吸引術(ちょうおんぱにゅうかきゅういんじゅつ)」と呼ばれる術式です。
この手術では、眼内をレーザーなどで約3ミリ切開して、棒状の器具を挿入し、水晶体の中心の核を超音波でくだいて吸い取ります。その後、残した水晶体の薄い膜(水晶体囊)の中に、人工的に作った眼内レンズを埋め込みます。

白内障でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

眼内レンズには2種類あり、一か所のみに焦点が集まる単焦点レンズと、遠くや近くなど複数の箇所に焦点を合わせる多焦点レンズです。
単焦点レンズは保険適用になります。
一方で、多焦点レンズはレンズの種類によって、先進医療の対象となる場合と自由診療になる場合があります。ただ、多焦点レンズの方が、治療後に眼鏡が不要になることも多く、裸眼で日常生活を送れるなどメリットが大きくなります。

以前は、白内障の手術は水晶体全体を取り出すことが普通だったため、角膜を大きく切り開く必要がありました。ですが、超音波で水晶体の核を砕いて吸い取り、眼内レンズを挿入する方法が開発されたことで、白内障の手術は大きく進化しました。

白内障の手術は、多くの患者にとって視力を回復させることができる比較的安全な治療法になっていますが、手術後に感染症などの合併症を起こすことも皆無ではありません。
また、眼内レンズを挿入するために残した水晶体囊の後ろの部分が術後数年でにごってきて、再び治療が必要になることもあります。白内障の手術に関しては、こうした合併症や術後の再治療の可能性などについて、眼科医から事前によく説明を受けておくことが大切です。

白内障でも入れる可能性のある医療保険
3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

白内障でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ