ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > からだの病気 > 心筋梗塞

心筋梗塞

心筋梗塞でも入れる・加入できる保険

心筋梗塞でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

心筋梗塞とは

心筋梗塞とは、心臓を取り囲む冠状動脈(冠動脈)が狭くなった上に、血栓(血のかたまり)によって血流が途絶えて、心筋(心臓の筋肉)に血液が行かなくなった状態のことです。心筋に血液が届かないとその部分が壊死し、心臓の収縮・拡張が困難になって、最悪は死にいたるケースもあります。
心臓病にはいくつかの種類がありますが、動脈硬化が原因で発生するのが「虚血性心疾患」で、代表的な病気は、心不全と心筋梗塞です。心不全は一時的に心筋が酸欠状態になるのに対して、心筋梗塞は心筋そのものが壊死してしまうため、より深刻な症状をもたらします。

心筋梗塞の典型的な症状は、突然胸が締め付けられるような激しい痛みです。
心筋梗塞の経験者に話を聞くと、「左胸を鷲づかみにされたよう」、「このまま死んでしまうのではないか」などと表現するほどの激痛です。胸の中央部が痛むことが多いですが、胸全体やみぞおちの部分、左肩や左腕、首や顎、右肩などに痛みがひびくこともあります。こうした痛みや胸の圧迫感が数十分からときには1時間以上続きます。

心筋梗塞でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

そのほかに、心臓を取り囲む冠状動脈(冠動脈)が狭くなった上に、血栓(血のかたまり)によって血流が止まっているので、冷や汗や呼吸困難、息切れ、はきけ、だるさをともなう場合もあります。

心筋梗塞を発症すると、狭心症のようにニトログリセリンという発作をやわらげる薬も効かない上、安静にしていても症状はおさまりません。そのため、一刻も早く救急車を呼ぶなどして医療機関にかかる必要があります。心筋梗塞は治療が早いほど助かる確率が高くなります。

心筋梗塞など虚血性心疾患の最大の原因は、血管の動脈硬化の進行です。
動脈硬化とは、動脈の血管内部にコレステロールなどの脂質が付着して血管内壁が堅く、厚くなった状態のことです。これにより、血管の通り道が狭くなり、血液が詰まって、心筋梗塞や心不全、脳梗塞、腎不全などさまざまな合併症を発症するリスクが高くなるのです。

動脈硬化になる要因は、高血圧や脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、肥満、喫煙などさまざまですが、日常の生活習慣の改善で、これらのリスクを減らすことが可能です。
動脈硬化から心筋梗塞など怖い病気に進行する前に、日頃からきちんとした生活習慣で過ごし、みずから予防に対する意識を高めておかなくてはいけません。

心筋梗塞でも入れる可能性のある医療保険
3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

心筋梗塞でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ