ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > からだの病気 > 心筋梗塞

心筋梗塞

心筋梗塞でも入れる・加入できる保険

心筋梗塞でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

心筋梗塞の治療法

心筋梗塞は、心臓を取り囲む冠状動脈(冠動脈)の内腔が狭くなることにくわえて、血栓(血のかたまり)によって血流がとだえて、心筋(心臓の筋肉)に血液が流れなくなることで起こります。そのため心筋梗塞の治療は、狭くなったりつまったりした冠動脈に、もう一度血液が十分に流れるようにすることが第一の目的となります。

治療方法は大きく2つに分かれます。内科的治療と外科的治療です。
心筋梗塞の症状が軽かったり、体力的な心配があったりする高齢者などには、薬物療法やカテーテル治療(=経皮的冠動脈インターベンション/PCI)などの内科的治療がおこなわれます。(カテーテル治療は、内科的治療と外科的治療の中間に位置付けられる)薬物療法は、冠動脈内で詰まった血栓を血栓溶解薬などで溶かす治療法などがおこなわれる上、カテーテルの治療後にくわえて、血栓をつくりにくくするなど予防的な治療でも使用されます。

カテーテル治療とは、カテーテルと呼ばれる直径2ミリ程度の細長い管を、太ももの付け根や手首の血管から、冠動脈まで挿入し、血管が詰まっている箇所をバルーン(風船)やステントをもちいて広げる治療法です。
具体的には、カテーテルの先端に付いた風船(バルーン)で血管を膨らませた上で、金属でできたステントという網状の小さい筒を血管内に留置して、狭くなった箇所を広げる治療法です。この治療法は、患者への負担が少なく、治療時間や入院期間が短くて済むため、心筋梗塞の治療では最も一般的となっています。

心筋梗塞でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

その一方で、外科的治療としておこなわれるのが冠動脈バイパス手術(CABG)です。
この治療法は、カテーテルが入りにくい部分がつまっていたり、複数箇所がつまっていたりするなど、症状が重くて、比較的体力がある患者の場合に選択されます。

冠動脈バイパス手術は、全身麻酔後に胸の真ん中を切開しておこなわれますが、血管のつまっている箇所を迂回するように、新たな血管の「バイパス(迂回路)」を作って、血液の通り道を確保する手術です。新たな迂回路となる血管(グラフト=移植片)は、患者自身の身体から、その血管がなくなっても影響が小さい血管を取り出して使用します。
たとえば、胸の内側にある「内胸(ないきょう)動脈」や胃の周囲にある「右胃大網動脈」、足の表面の「大伏在(だいふくざい)静脈」などが多くもちいられます。

この手術では、直径1~2ミリ程度の細い血管同士を縫いあわせる必要があるため、心臓が動いている状態での作業は容易ではありません。そのため、いったん心臓を停止させて、人工心肺装置をもちいながら手術をおこなうことが主流でした。ただ近年は、心臓の一部分だけを固定するスタビライザーという器具を使って、心臓を動かしたままで手術をおこなう「心拍動下冠動脈バイパス術(OPCAB)」が急速に普及しています。

内科的治療 内科的治療
選択条件 症状が軽い場合・高齢者 症状が重い・比較的体力がある
治療法 ●薬物療法
 予防治療にも使われる
●カテーテル治療
 最も一般的な治療法
冠動脈バイパス手術(CABG)

心筋梗塞でも入れる可能性のある医療保険
3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

心筋梗塞でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ