ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > からだの病気 > 胃潰瘍

胃潰瘍

胃潰瘍でも入れる・加入できる保険

胃潰瘍とは

胃は食物を消化するため、胃酸や消化酵素などを含んだ胃液を分泌しています。
通常の状態では、胃は粘液で保護されているため粘膜が傷つくことはありませんが、ストレスや薬などにより粘膜の防御機能が崩れると、胃酸過多になり胃の粘膜が炎症を起こし、だんだんと穴が深くなっていきます。
これが胃潰瘍です。

胃潰瘍の症状としては腹痛が最も多く見られます。特に食後に上腹部やみぞおち部分が、鈍くうずくように痛んだり、焼けるような痛みを感じたりすることが特徴的です。
ちなみに、同じ消化器系の潰瘍として十二指腸潰瘍がありますが、十二指腸潰瘍は空腹時に痛むことが多く、胃潰瘍では食後に痛みを感じることが多いという特徴があります。

胃潰瘍でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

このほかの症状としては、腹部膨満感、悪心、嘔吐、食欲不振、ゲップ、胸焼けなどがあります。
胃潰瘍の症状が進行すると、胃壁の血管がダメージを受けて出血することもあります。この状態ではかなり胃潰瘍が悪化しており、場合によっては大出血によって貧血を起こして命に関わる場合もありますから、すぐに専門医の診察を受ける必要があります。しかし、胃潰瘍になった人の中には、全く症状を感じない人もおり、症状には個人差があります。

胃潰瘍の原因としてピロリ菌感染による慢性胃炎や、粘膜を傷つける薬剤の服用、精神的ストレスなどが知られており、 他にもアルコールやカフェインなどの過度な摂取も原因となりえます。

では胃潰瘍の検査はどのように行われるのでしょうか。
胃潰瘍の検査には、一般に胃カメラ検査(内視鏡検査)とバリウム検査(レントゲン)の2つがあります。

現在、最も標準的な検査は胃カメラ検査(内視鏡検査)です。直接細長いカメラを口または鼻から入れ、観察します。
万が一、胃がんなどの病気が疑われる部位が見つかった場合は、胃の細胞組織を採取して精密検査をおこなうこともあります。

バリウム検査とは、バリウムというレントゲンに映る物質を飲むことで、胃の形をレントゲンで見て写真を撮り、潰瘍の大きさや位置を調べる検査です。特に健康診断などで広く行われています。
バリウム検査で胃潰瘍の疑いがあれば、細い管に超小型カメラがついた内視鏡を口や鼻から挿入し、画像モニターで胃潰瘍の進行度や深さを調べる胃カメラ検査をおこないます。

胃潰瘍でも入れる可能性のある医療保険
3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

胃潰瘍でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ