ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > からだの病気 > 胃潰瘍

胃潰瘍

胃潰瘍でも入れる・加入できる保険

胃潰瘍でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

胃潰瘍の治療法

胃潰瘍の原因は、ピロリ菌感染や粘膜を傷つける薬剤の服用、精神的ストレスなどとされており、上腹部やみぞおちの痛み、胸やけ、食欲不振、腹部膨満感などが主な症状です。
重症化すると出血したり、穴が開いたりして命に関わることもあります。

胃潰瘍と診断された場合、症状によっても異なりますが、出血がない場合は薬物療法が、出血がある場合は内視鏡的止血治療が、またピロリ菌が見つかった場合は、ピロリ菌の除菌治療などがおこなわれます。

胃潰瘍でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

まず、潰瘍部分から出血がない場合は、薬剤による治療がおこなわれることが一般的です。
胃潰瘍は胃の粘膜の防御機能が崩れて、胃液によって粘膜が傷ついて起こります。そのため薬剤は胃液の分泌を抑えたり、胃の防御機能を高めたりすることで治療をおこないます。胃酸を抑えるためにはPPI(プロトンポンプ阻害薬)、H2ブロッカー(ヒスタミンH2受容体拮抗薬)、P-CAB カリウムイオン競合型アシッドブロッカー)などの薬がよくもちいられます。
H2ブロッカーに比べて、PPIやP-CABの方がより強力ではありますが、他の薬との飲み合わせが悪い場合もあり、注意が必要です。
また、たとえばロキソプロフェンをはじめとした痛み止めやリウマチの治療に使うステロイドなどは胃潰瘍を悪化させる作用がありますので、胃潰瘍の原因となる薬を中止または減量するといったことも大切です。

胃潰瘍から出血がある場合には、まずはその出血を止めるために、内視鏡治療を行います。
止血の方法は、出血の部位と程度によってさまざまですが、止血鉗子(かんし)をもちいて出血した血管を熱で焼いて細胞を凝固させる方法、止血作用のある薬剤を注射する方法、クリップで出血箇所をつかんで血を止める方法などがおこなわれています。
止血術に加えて、胃潰瘍の治療として前述の薬剤などで治療をします。
ただし、内視鏡を用いた治療でも止血が難しい場合があり、その場合は、外科的手術が選択されることもあります。

胃潰瘍では、ピロリ菌の感染が大きく関わっていることがあります。
そのため胃潰瘍の診療においては、ピロリ菌に感染しているかを調べ、治療方針を決定するのには大切な検査になっています。ピロリ菌の採取は、内視鏡検査のときに胃粘膜組織を採取して調べる方法や、血液や尿、便、吐く息からピロリ菌に関係した物質があるかを調べる方法などがあります。
ピロリ菌検査で感染していることが判明すれば、あらかじめ除菌をおこなうことも大切です。
日本では2013年2月からピロリ菌の除菌治療に保険適用が認められています。

胃潰瘍でも入れる可能性のある医療保険
3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

胃潰瘍でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ