喘息

喘息でも入れる・加入できる保険

喘息の治療法

喘息は早期に適切な治療を開始する必要があります。
早期に治療を始めることによって、呼吸機能を維持し、症状をおさえることができます。

喘息(気管支ぜんそく)の原因はハウスダストやダニ、花粉などによるアレルギー反応で発症するアトピー型のタイプと、風邪などのウイルスや喫煙などを引き金として発症する非アトピー型のタイプに分けられます。

発症の要因は異なるものの、どちらも「ゼイゼイ・ヒューヒュー」など喘息特有の喘鳴(ぜんめい)を繰り返したり、激しい咳の発作をともったりすることには変わりはありません。
喘息は気管支など空気の通り道(気道)が慢性的な炎症を起こして発症するのです。

喘息でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

では、喘息の治療はどのようにおこなわれるのでしょうか。
まず、喘息の治療は、喘息の発作を起こしていないとき(非発作時)と発作時では異なります。
非発作時は、喘息の発作が起こらないように予防するような治療がおこなわれます。
発作時には、発作をおさえるために、気道を広げる効果のあるβ2刺激薬の吸入や、ステロイドの投与がおこなわれます。

非発作時は、長期管理薬(コントローラー)と呼ばれる薬剤が使用され、副作用が少ない抗炎症薬の「吸入ステロイド薬」を用いるのが治療の第一選択となっています。
これに加えて、気道を広げる「長時間作用性β2刺激薬」や「ロイコトリエン受容体拮抗薬」、「テオフィリン徐放製剤」などが必要に応じて組み合わせて処方されます。
非発作時は、発作を防いで喘息が悪化することを予防することを目的として治療がおこなわれます。
なぜなら、発作を起こしてなくても、気道の閉塞や気道の過敏性や炎症など、喘息の発症につながる症状は潜在的に残っているからです。

また、喘息の発作を起こさないためには、発症要因から遠ざける努力も欠かせません。
たとえば、特定のアレルゲンに対して発症するタイプであれば、ダニやほこり、ハウスダストなどをできるだけ排除する努力をすることが必要であり、禁煙をしたり風邪をひかないようにするなど、気をつけて生活することも大切です。

では、発作が起こったときにはどう対応し、どう治療すれば良いのでしょうか。
治療に関しては発作治療薬(リリーバー)として短時間作用性β2刺激薬の吸入することで、喘鳴や呼吸困難などの急性症状の緩和をはかります。
これに加えて、呼吸の状態や体の状況など、症状に応じて、アミノフィリン点滴やアドレナリン皮下注、ステロイド点滴静注などを組み合わせて治療がおこなわれます。

喘息の治療においては、こうした発作時の治療と、非発作時のコントロールを継続して行っていくことが大切になります。

喘息でも入れる可能性のある医療保険
3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

喘息でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ