ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > からだの病気 > 膠原病

膠原病

膠原病でも入れる・加入できる保険

膠原病でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

膠原病とは

膠原病はひとつの病気を指すものではありません。
「感染症」の中に風邪、インフルエンザ、肺炎、膀胱炎などいろいろな種類があるように、特定の種類の病気を総称して膠原病といいます。
もともとは、身体の中の臓器を構成する組織の合間にある結合組織や血管を主体とした病気であるとの考えにもとづき、結合組織にはコラーゲン(膠原線維)が多いことから膠原病と命名されています。
本来は体の異物を排除するための仕組みである免疫が、自身の体を攻撃してしまうという自己免疫性疾患も多く含みます。

膠原病はかつて、膠原病は、体内に何らかの原因で「自己免疫反応」*1が発生し、臓器などを含めて全身に分布している結合組織(組織と組織の間をつなぎ、人体を支える役割を担う)を中心に炎症が起こって、全身のさまざまな部位に障害があらわれる疾患です。

*1 自己免疫反応とは
「免疫」とは身体に病原体や異物が侵入してきた場合に、それを「非自己」と認識して排除しようとする生体の防御反応のことです。
これに対して、「自己免疫反応」とは、自分自身の正常な細胞や組織であるにもかかわらず、何らかの原因でそれを「非自己」と認識して攻撃してしまうことをさします。

膠原病は特定の種類の総称であるため、たくさんの病気があります。

症状 代表的な疾患
関節炎を主症状とする疾患 関節リウマチ・悪性関節リウマチ(MRA)、
Felty(フェルティー)症候群・若年性突発性関節炎(JIA)
成人Still病(ASD)・強直性脊椎炎(AS)
反応性関節炎(ReA)・乾癬性関節炎(PsA)

など

血管炎を主症状とする疾患 結節性多発動脈炎(PN)・顕微鏡的多発血管炎(MPA)
アレルギー性肉芽腫症(WG)・川崎病・ベーチェット病

など

多くの疾患が含まれる膠原病だけに、症状はひとつではありません。病気によってそれぞれ異なる症状をしています。ただし、膠原病の多くに共通して見られる症状というものもいくつかあります。
たとえば、原因不明の発熱や全身の倦怠感などです。これに加えて、皮膚症状や関節症状も比較的よくみられる症状のひとつです。診療現場において「なかなか原因のわからない発熱疾患」をみた場合に、必ず可能性を考える病気として膠原病があげられます。

膠原病が疑われる症状が出た場合は、医師のもとできちんと検査をしてもらう必要があります。
採血検査では、炎症反応を示す「CRP(C反応性蛋白)値」や「赤沈値」、赤血球数・白血球数などを調べる血液検査や、自己抗体が検出されるかを調べる「抗核抗体検査(ANA)」、「リウマトイド因子検査(RF)」などがおこわれます。あわせて、画像検査で各臓器の異常所見を調べることも実施されます。

膠原病でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ