ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > からだの病気 > 脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症)でも入れる・加入できる保険

脂質異常症(高脂血症)でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

脂質異常症(高脂血症)とは

脂質異常症(高脂血症)とは、血液中のコレステロールや中性脂肪が基準範囲を超える、または善玉(HDL)コレステロールが基準値を下まわる病気です。
以前は高脂血症と呼ばれていましたが、善玉(HDL)コレステロールが低いという場合もあるため、2007年4月から「脂質異常症」という名称になっています。

脂質異常症(高脂血症)では、初期の段階では基本的に自覚症状はありません。

この疾患は、血液中の悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪が基準範囲を超えたり、善玉(HDL)コレステロールが減少したりする病気です。

脂質異常症(高脂血症)かどうかは空腹時の採血で判断されます。コレステロールや中性脂肪の値によって、以下の種類に分けられます。

高LDLコレステロール血症 LDLコレステロールが140mg/dl以上
低HDL コレステロール血症 HDLコレステロールが40mg/dl未満
高トリグリセライド血症 トリグリセライド【中性脂肪】が150mg/dl以上

脂質異常症(高脂血症)は上記のように3つのタイプがありますが、症状がないからといって放置しておくと、じわじわと血管の動脈硬化が進行して、心筋梗塞や脳卒中を発症することもあります。
日本人の死因の第1位はがんですが、第2位は狭心症や心筋梗塞などを含めた心臓病、第3位は肺炎、第4位は脳出血や脳梗塞などの脳卒中です。第2位と第4位は動脈硬化に関連する疾患です。

動脈硬化というのは、その名称のとおり、心臓から身体のさまざまな場所へ血液を運ぶ動脈が硬くなっている状態のことです。
血液中のコレステロールが動脈の内壁に蓄積していって、血管が盛り上がって固くなり、血流が悪くなったり、血管内に血栓ができてつまったりしてしまいます。それによって、血流が悪くなり、心筋梗塞や脳梗塞を発症してしまうのです。動脈硬化の原因として、高血圧と並んで脂質異常症も重大な危険因子となっています。

そのため、健康診断などで脂質異常症(高脂血症)の疑いがある数値が出た人は、症状が進行しないように、医師の診察を定期的に受け、食事や生活習慣に気をくばることが必要でしょう。

脂質異常症(高脂血症)でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ