ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > からだの病気 > 狭心症

狭心症

狭心症でも入れる・加入できる保険

狭心症でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

狭心症とは

心臓は1日に約8〜10万回も休みなく拍動して生命を維持しています。
この拍動を支えるのが、心臓の表面を流れている「冠動脈(冠状動脈)」と呼ばれる動脈です。
冠動脈が心筋の細胞にエネルギー源としての栄養を供給することで心臓は動いています。
しかし、加齢につれて、冠動脈の血管壁にコレステロールが沈殿し、動脈硬化が進行すると、血管の内側が狭くなります。
この結果、血流が不十分になることで、心臓を動かす血液が不足する「虚血」を引き起こします。

虚血状態になると、胸痛か胸の圧迫感を感じるようになります。これが狭心症です。よく「虚血性心臓疾患」といいますが、これは狭心症と心筋梗塞症をまとめた呼び名です。
狭心症は、心臓病のうちでも「虚血性心疾患」の一つで、動脈硬化を原因として発症します。心筋(心臓の筋肉)に十分な血液が行き渡らなくなり、酸素不足に陥ります。それが、一時的な胸の痛みを引き起こします。

狭心症の典型的な症状は、胸の圧迫感や締め付けられるような痛みです。「放散痛(ほうさんつう)」と言って、肩やあご、歯、背中、左肩、みぞおちなど心臓と離れた部分に痛みを感じることもあります。痛みは、数分から15分程度続き、安静にしたり、ニトログリセリンなどの薬剤を服用することで症状はおさまることは多いようです。

狭心症や心筋梗塞など虚血性心疾患の大きな原因が動脈硬化だとすれば、動脈硬化にならないようにすることが心臓病のリスクを減らせることに違いありません。では、動脈硬化を引き起こす原因はどこにあるのでしょうか。
実は、動脈硬化には、高血圧や脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、肥満、喫煙など、生活習慣に起因することが大きく関わっています。たとえば高血圧症の人は、強い圧力によって血管の内壁が傷つけられることで動脈硬化が起こりやすくなります。また糖尿病の人も血糖値の上昇で血管内部が傷つきやすくなるのです。

日常生活の改善が、動脈硬化を防止し、その後に狭心症や心筋梗塞など重大な心臓病に移行するリスクを減らせるのであれば、日々の生活習慣を見直さない手はありません。生活習慣病のリスクを抱えている人は日常生活を改善して、病気になる危険因子を少しでも減らす努力が必要でしょう。

狭心症でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ