胆石

胆石でも入れる・加入できる保険

胆石とは

胆石とは、胆管や胆のうの中で、胆汁成分が固まってできた結石(けっせき)のことです。胆石が小さいうちは、ほとんど症状がなく、自然に体外に出てしまうこともありますが、胆石が大きくなると胆管や胆のうを傷つけて激しい痛みや発熱などの症状を発生させることがあります。この病気を「胆石症」といいます。中高年以上に発生しやすく、年齢を重ねるごとに発症の可能性が高くなってきます。

典型的な症状は突然のおなかの痛みです。みぞおちから右上腹部に鋭く刺すような痛みの発作が出ることがあるのが特徴的で、ときには痛みが背中や右肩などにもおよぶこともあります。

特に油が多い食事をとったときに発生することが多いとされ、痛みは数十分で治まることもあれば、3~4時間も続くことがあります。このほか、悪心(気持ちが悪くなること)や吐き気をともなう症状が出ることや、黄だん(肌が黄色くなること)や発熱が出ることもあります。

胆石は、含まれる成分と発生部位によって、いくつかの種類にわけられます。
●コレステロール結石:コレステロール成分を含んだ結石。
●色素結石:ビリルビンやカルシウムで構成された結石

胆石の主な原因は、コレステロールの増加です。近年、外食やファーストフード店などで気軽に食事をとれることもあり、動物性脂質や炭水化物を多くとりすぎてしまう傾向が強くあります。かたよった食事が

胆石は発生部位によって、「胆のう結石症」、「総胆管結石症」、「肝内結石症」の3つに分類されます。中でも約70%を占めるのが胆のう結石症です。いずれも、早期発見と適切な経過観察が大切です。

また、胆石を原因として膵臓(すいぞう)に障害を起こす急性膵炎が発症することもあります。
急性膵炎の2大原因はアルコールと胆石ですが、アルコールは男性に多い原因で、胆石は女性に多い原因となっています。

では、胆石の疑いがある場合、どのような検査がおこなわれるのでしょうか。まず実施される検査は、腹部のエコー検査(超音波検査)です。これが第一の検査方法としておこなわれます。

ただし、超音波検査で多くの胆石(結石)は発見されますが、中にはエコーでは発見しにくい胆石もあります。
その場合はCT(コンピューター断層撮影)や造影剤を使用しないMRCP(核磁気共鳴胆管膵管撮影)などの検査がおこなわれます。胆石症の検査には、同時に血液検査で、胆道系酵素や炎症反応、肝機能などの数値をチェックすることも欠かせません。

胆石でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ