貧血

貧血でも入れる・加入できる保険

貧血でも入れる可能性のある医療保険3商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

貧血とは

私たちの全体重の8%を占めるのが血液です。血液は生命を維持するために身体全体を循環し、酸素や栄養素などを運搬する重要な役割を果たしています。そして、血液の中にあり、酸素を運ぶ働きがあるのが赤血球に含まれるヘモグロビン(Hb=血中素)という成分です。

「貧血」とは、血液中の赤血球やヘモグロビンが正常値よりも少なくなり、臓器や筋肉などの組織に十分な酸素が行き渡らない状態のことです。

WHO(世界保健機関)の定義によると、ヘモグロビン濃度は成人男性で13g/dL未満、成人女性や小児(6~14歳)で12g/dL未満、妊婦や幼児(6ヶ月~6歳)で11g/dL未満になると「貧血」とされています。

貧血の症状は、低酸素状態によって生じる症状、体内の酸素不足を補うために体内に「代償作用」が発生するために起こる症状、赤血球量の減少にともなう症状のおもに3つに分けられます。

低酸素状態によって生じる症状 体内の組織の酸素欠乏によって、
めまい、立ちくらみ、頭痛、疲労感、倦怠感などの
症状が起こることがある。
さらに酷くなると、失神や発作、狭心症になる場合もある。
体内の酸素不足を補うために
体内に「代償作用」が発生するために
起こる症状
貧血による酸素不足を補うために、心臓や肺が通常以上の働きをしいられ、動悸や頻脈、息切れなどの症状となって現れることがある。
赤血球量の減少にともなう症状 血液中の赤血球の減少によって、顔色が悪くなったり、まぶたの裏(眼瞼結膜)が白くなったりすることがある。

貧血の種類にはいくつかありますが、最も患者数が多いのが、ヘモグロビンを作るのに必要な「鉄分」が不足することで起きる「鉄欠乏性(てつけつぼうせい)貧血」です。

人間の体内には、血液中や肝臓、骨髄などに合計して約3~4グラムの「貯蔵鉄」があります。これらは食事から摂取する鉄とともに、身体の健康の維持に役立っていますが、何らかの原因で出血があり、鉄が失われると、体内の鉄分が不足して貧血状態となります。これが鉄欠乏性貧血と呼ばれるものです。

鉄欠乏性貧血になると、頭痛やめまい、動悸、息切れなどの貧血に共通した症状に加えて、皮膚や粘膜などの組織に異常がみられたり、爪がそり返って中央がくぼんだ状態になる「スプーン状爪」などの症状が出ることもあります。

鉄欠乏性貧血の主な原因は、
①極端な偏食やダイエット、胃腸障害などによる「鉄分の摂取不足」
②妊娠・授乳期、成長・発育期における「鉄分の需要の増大」
③月経や胃・痔からの出血などによる「鉄分の減少」
などがあります。

貧血になると動悸や息切れ、疲れやすい、めまいなどの症状が表れることが多くなりますが、がんや子宮筋腫などの他の病気が原因となって、貧血を発症することもあるので、これらの症状が出てきたら十分注意が必要です。

貧血でも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ