ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > からだの病気 > 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアでも入れる・加入できる保険

椎間板ヘルニアとは

人のからだの真ん中には背骨が通っています。頸(首)の部分から腰の部分まで、24個の骨が重なり合って、背骨を構成しています。それぞれの骨と骨の間には、椎間板(ついかんばん)と呼ばれる軟骨があり、これが衝撃を吸収するクッションのような役割を果たしています。

ところが、加齢による老化や重労働、激しい運動などの影響で、椎間板が損傷すると、内部の髄核(ずいかく)という部分が外に飛び出して、神経を圧迫するようになります。これを『椎間板ヘルニア』といい、激しい痛みやしびれなどの症状を引き起こします。

椎間板ヘルニアの中でも、最も発生頻度が高いのが腰の部分にある5つの腰椎(ようつい)で発生する「腰椎椎間板ヘルニア」です。「ぎっくり腰」になった時のような激しい腰の痛みが特徴で、手足のしびれをともなうこともあります。

一方、7つの骨で構成される頸部で発生するのが「頸椎椎間板ヘルニア」です。首や肩、腕に痛みやしびれが出たり(神経根の障害)、運動麻痺などの症状があります。

椎間板ヘルニアの原因は、環境要因(姿勢・動作)や遺伝要因(もともとの体質・骨の形)そして、加齢が関係しています。座る、立ったまま前屈みになるといった姿勢や動作でも体重の約2.5倍の圧力がかかるといわれているため、悪い姿勢であったり、普段の何気ない動作やが腰や首に負担をかけ椎間板ヘルニアを起こしやすくしている可能性があります。また、喫煙も原因に関わっているといわれており、タバコに含まれる「ニコチン」が、椎間板周囲の毛細血管を収縮させることで、栄養がうまく届かず、椎間板が変性してしまうため、椎間板ヘルニアを引き起こしやすくしています。

椎間板ヘルニアは、腰や首への負担を日頃から減らすように工夫することで、発症をふせぐ方法につながります。また、すでに椎間板ヘルニアを経験された方の再発防止にもなるでしょう。椎間板ヘルニアの予防・再発防止には、ストレッチをしたり、体重の増加に気をつけたり、筋力を強化することなどが大切です。

椎間板ヘルニアでも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ