ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > がん >  胃がん

胃がん

胃がんでも入れる・加入できる保険

胃がんでも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

胃がんとは

胃がんの記事に関する挿絵

胃は食道に続く臓器です。胃がんは胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、何らかの原因でがん細胞になって無秩序に増殖を繰り返すがんです。
胃がんは、初期の段階で発見されれば、内視鏡的粘膜剥離術(ESD)など内視鏡的手術で病変部をとることで、根治が期待できます。

しかし、胃はとても大きな臓器であり、がんが進行しても症状が出ない場合も少なくありません。
その一方で、胃がんは早い段階から腹部の痛みや膨満感、胸焼け、食欲不振などの症状が出るケースもありますが、これらは胃炎や胃潰瘍など胃の慢性疾患の症状とよく似ているため、なかなか区別しにくいのが普通です。

胃がんでも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

胃がんはがん細胞が増殖をくり返し、何年もかかって胃の中に徐々に入り込んでいきます。そのため、検診を受けないでいると、発見したときには進行した胃がんで治療が困難になっているケースもあります。
胃がんの中でも特に進行が速いのが「スキルス胃がん」です。このタイプの胃がんは、がん細胞が胃の粘膜の表面には現れず、胃壁に沿って急速に広がっていくもので、発見された時にはすでに腹膜内に転移しているケースが高くなっています。

胃がんの原因は、様々な研究がおこなわれており、その中でも生活習慣や、ヘリコバクターーピロリ菌の感染などがリスクを高めると考えられています。食生活については、塩分の多い食事や野菜や果物の摂取不足が指摘されています。

ヘリコバクターピロリ菌(いわゆるピロリ菌)は中高年で感染率が高い傾向があります。ヘリコバクターピロリ菌に感染しているかは「ヘリコバクターピロリ抗体検査」という血液検査で調べることができます。ただ、胃がんになっているまでは分からないので、X線検査や内視鏡検査を別に受ける必要はあります。ヘリコバクターピロリ菌に感染した人全員が胃がんになる、というわけではありませんが、除菌療法が胃がんのリスクを低くするという研究結果もあります。

胃がんが疑われる場合は、「胃X線検査」や「内視鏡検査」で病変の有無や場所を調べます。内視鏡検査は、ファイバースコープ(胃カメラ)で胃の内部を直接見ることができるため、組織の一部を採取して、病理検査でがんの確定診断を行うことが可能です。
胃がんの進達度(胃壁のどれぐらいの深さまでがん細胞が進行しているか)や他の臓器やリンパ節への転移などを調べるには、「超音波検査(エコー検査)」や「CT検査」などが有効です。

胃がんでも入れる可能性のある医療保険
2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

胃がんでも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3840】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ