ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > がん >  胃がん

胃がん

胃がんでも入れる・加入できる保険

胃がんでも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

胃がんのデータ

厚生労働省の調査によると、胃がんの総患者数は平成8年では30万5,000人いた患者数は、20年には21万3,000人、26年では18万5,000人になっており、年々減少傾向があることがわかっています。減少の要因として考えられているのは、ヘリコバクターピロリ菌の感染率の低下が考えられています。

また、年齢・性別ごとにみると、ほかのがんと同じように60代ごろに患者数が増える傾向があり、ほとんどの年代において女性よりも男性の罹患者数が多くなっています。胃がんの原因にはヘリコバクターピロリ菌以外に、生活習慣が影響していることがわかっており、その中でも食生活の乱れと喫煙が胃がんのリスクを高めます。

胃がんでも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

食塩摂取量の平均値の年次推移(20歳以上)

食塩摂取量の平均値の年次推移(20歳以上)

出典:厚生労働省 「平成28年 国民健康・栄養調査 結果の概要」より

全世界の中でも日本はトップクラスで食塩の摂取量が多い傾向があります。
食塩摂取目標は1日5グラムを世界基準としていますが、厚生労働省は18歳以上の日本人の1日の食塩摂取目標を男性で8.0グラム未満、女性で7.0グラム未満としています。これは生活習慣病の一種の高血圧や心疾患を予防する効果があります。
平成28年時点での食塩摂取量は男性で10.8グラム、女性で9.2グラムとなっており、食塩摂取目標よりも多くなっています。

また、喫煙もがん全体のリスクを高める要因の一つです。平成28年時点で平均習慣的に喫煙をしている人の割合は、男性で30.2%、女性で8.2%となっています。

食塩摂取量も喫煙率も男性の方が高いことから、胃がん罹患率の高さに影響していることがわかります。
胃がんを予防するためにも、バランスの良い食事と禁煙をおこなうことが重要です。

胃がんでも入れる可能性のある医療保険
2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

胃がんでも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3840】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ