ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > がん >  子宮がん

子宮がん

子宮がんでも入れる・加入できる保険

子宮がんでも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

子宮がんとは

子宮がんの記事に関する挿絵

子宮がんは、子宮の入り口の部分(子宮頚部)の粘膜にできる「子宮頚がん」と、子宮の奥の部分(子宮体部)の粘膜(子宮内膜)できる「子宮体がん」があります。同じ子宮のがんであっても、子宮頸がんと子宮体がんは、診断・治療・予後いずれに関しても異なることが多いので、子宮頸がんと子宮体がんの違いを正しく理解することが大切です。

子宮頸部や頸管の上皮から発生したがんが、子宮頸がんです。子宮の入り口付近に発生することが多いので、普通の婦人科の診察で観察や検査がしやすいため、発見されやすいがんです。また、早期に発見すれば比較的治療しやすく予後のよいがんですが、進行すると治療が難しいことから、早期発見が極めて重要といえます。

子宮がんでも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

子宮頚がんの原因にはその多くにヒトパピローマウイルス(HPV:Human Papillomavirus)の感染が関連しており、子宮頸がん患者の90%以上から、HPVウイルスが検出されることが知られています。ヒトパピローマウイルスは、30才未満の女性の15~20%程度に感染しているといわれ、50~80%の女性は生涯に一度は感染することがあるともいわれています。そのためHPVに感染すれば必ず子宮頚がんになるというわけではありません。また喫煙も危険因子の一つとなっています。

一方、子宮体がんは子宮内膜がんとも呼ばれるように、胎児を育てる子宮の内側にある、子宮内膜から発生するがんです。まれに子宮の筋肉の層から子宮肉腫が発生しますが、これは、子宮体がんとはまったく違う病気です。

子宮体がんの原因は、卵巣ホルモンのバランスのくずれによって引き起こされるといわれています。エストロゲンという女性ホルモンの刺激が長期間続くことが原因で発生する場合と、エストロゲンとは関係ない原因で発生する場合がありますが、約8割はエストロゲンの長期的な刺激と関連していると考えられています。ストロゲンが関係していると考えられる子宮体がんに関しては、肥満、閉経が遅い、出産経験がないなどの場合に、発症のリスクが高くなることがわかっています。また、乳がんの治療でタモキシフェンという薬剤を投与されていたり、更年期障害の治療でエストロゲンの補充療法を受けていたりする場合も、子宮体がんのリスクが高くなるとされています。

  子宮頸がん 子宮体がん
年齢 30~40代 50~60代
主な症状 月経以外の不正出血や性交時の出血 不正出血
性交渉 影響する  
妊娠・出産 回数が多い 回数が少ない・初産年齢が高い
月経   不順気味・閉経している
その他 ヒトパピローマウイルスに感染している 肥満、高血圧、糖尿病、ホルモン異常がある三親等以内に子宮体がんにかかったことがある人がいる

子宮がんでも入れる可能性のある医療保険
2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

子宮がんでも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3840】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ