ホーム > 保険を選ぶ > 緩和型保険 > がん >  子宮がん

子宮がん

子宮がんでも入れる・加入できる保険

子宮がんでも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

子宮がんのデータ

子宮がんには大きくわけて2種類あり、子宮頸がんと子宮体がんがあります。
厚生労働省によると、子宮がんの総患者数は平成26年には6万1,000人と報告されており、女性のがん患者の中で5番目に患者数が多いがんとなっています。子宮頸がんと子宮体がんの患者数の差はあまりなく、わずかに子宮頸がん患者の方がどの年次においてもやや多いという結果が出ています。

子宮がんでも入れる可能性のある医療保険2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

年代別にみてみると、子宮頸がんが20代から患者数が増加傾向にあるのに対して、子宮体がんは40代頃から急激に増加している傾向があることがわかります。これはそれぞれの発症原因が影響しています。

子宮頸がんは主に性交渉で感染するヒトパピローマウイルス(HPV)が原因の一つで、近年日本では性交渉の低年齢化もあり、30歳以下の早期子宮頸がんを発症する人が増えていると考えられています。
一方、子宮体がんは、閉経にともなうホルモンバランスの乱れが影響しており、閉経をむかえる50代ごろから急激に増加しているのです。

子宮の悪性新生物の総患者数(部位別)

子宮の悪性新生物の総患者数(部位別)

出典:厚生労働省 「平成26年 患者調査」より

また、子宮がんは早期に発見し、適切な治療を受けることで治る可能性が高くなっています。
平成18年から平成20年に子宮がんと診断された人の5年相対生存率※1は76.9%(子宮頸がんは73.4%、子宮体がんは81.1%)と比較的高い数値となっています。
死亡率(1年間に人口10万人あたり何人死亡するか)についても平成26年の数値では、子宮全体で9.9、子宮頸部で4.2、子宮体部で3.7と低い数値になっています。
以上のことから、子宮がんの患者数は多いが、早期発見することで治る可能性が高く、死亡する可能性は低いと言えます。

自覚症状がない子宮がんを早期発見するためには、定期的な検査が必要です。特に子宮頸がんは前がん状態をへてゆっくりと進行していくがんです。そのため前がん状態から1年後に進行がんになることはほとんどありません。そのため、厚生労働省は、20歳以上の女性は2年に1回検査を受けることをすすめています。

子宮がんでも入れる可能性のある医療保険
2商品あります。

該当する
保険商品を見る

【必ずお読みください】
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。ご検討にあたっては、ぜひ一度お電話やメールよりお問い合わせください。

子宮がんでも入れる可能性のある保険について
ご相談はこちら

0120-880-081

【受付番号:3840】株式会社ニッセンライフ

免責・禁止事項

  • ・医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページトップへ